白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

5.2インチモデルのZenFone3と近いスペックを持ち、素のAndroidに近いシンプルなUIが良さげなMotolora Moto G5 Plusの発売が3月31日に迫っており、購入してみようかどうかちょっと悩んでいます。
d0262326_18205003.jpg
現行モデルのMoto G4 Plusに続きDual SIM, Dual Standbyに対応しており、デュアルピクセル・オートフォーカス技術を採用したというカメラ性能と出荷時でAndroid7.0、将来はおそらく次のメインOSバージョンアップくらいまでなら行けると思われますので、そろそろ更新が危ういNexus6の代わりにピュアなモデルが欲しいなと思っていたところです。

販売価格は35,800円(税別)。Moto G4 Plusが現在3万円前後まで値下がりしたところですから、スペックを考えればコスパも悪くないです。
d0262326_18284122.png
ちょうど今はDSDSスマホとしてバイオのVAIO PHONE AやNTTレゾナンスからg07+も追加されたところですが、そちらは買って3分で飽きそうなので、買うならMoto G5 Plusなら楽しめそうかなと。

Moto G5 Plusは昨年モデルに比べて5.5インチ→5.2インチへコンパクト化・Snpadragon 617→ 625へ、RAM容量もアップしていますし、ZenFone3のZE520KLよりコスパは上とも言えそうです。サイズ感で言えば5.0インチのnovaも便利そうですけれど、Nexus6の代わりだと思えば5.2インチもコンパクトなものです(´∀`)

発売を前にアマゾンや量販店系ショップで予約を開始しているようですが、どこもほぼ定価。31日発売ならノジマでdケータイ払いプラスの「春のスーパーポイントアップ」キャンペーンに間に合いそうなので、実質的な最安値でしょう。

☆「ノジマオンライン Moto G5 Plus」税込み 38,308円

予約品でも購入が3月31日いっぱいまでに完了していれば、決済自体は4月に入ってからでもキャンペーンの適用は大丈夫なはずです。最大の26倍まで到達できれば実質3万円を切ることも出来るという計算。31日でキャンペーンが終わってしまうので、発売日に決断が必要な点だけが問題ですね~

あくまでdポイント還元を考慮した場合の話しながら、他店に比べて圧倒的に安いので発売日当日だと売り切れるでしょうか・・・当日に購入できなければキャンペーン適用が危うくなります。買うと決めているのなら予約しておいたほうが良さそうです。

SIMフリースマホだけでなく中古白ロム・パソコンなどが実質的にほぼ全品2割引きで買えるのも3月末まで・・・つい余計なものまで買ってしまいそうです(´∀`;)

☆「ノジマオンライン dポイント春のスーパーチャンス詳細


# by ke-onblog | 2017-03-28 18:53 | キャンペーン情報 | Comments(0)
日本時間の3月28日16時より、さまざまなジャンルの中国製品を卸価格レベルで輸入することが出来るAliexpress(アリエクスプレス)にて、サイトの7周年記念セールが始まっています。

期間は3日間。アリエクスプレスは日本で言うところの「Yahooショッピング」や「楽天市場」みたいなショッピングモールの総合サイトなので特定の製品だけが安いというわけではなく、イベントに合わせて各店舗・各商品がセール価格を実施しています。
d0262326_16330479.jpg
トップページにあるクーポンアイコンを押すと、1個あたり2ドル引きのクーポンを最大7枚まで出せるようです。
d0262326_16364580.png
この右側の「GET UP TO 7 COUPONS」というところをクリックしてからマイページの「My Coupon」という欄に行くと、ちゃんとクーポンが増えていました。
d0262326_16381390.png
あとはもう本当に個別の商品毎に、通常価格から2ドル引き・4ドル引き・10ドル引き、といった各表示が出ていますので、欲しい商品で安く・評価の高い出品者を頑張って探すしかなさそうです(´∀`;)  同じ製品でも多数の業者が扱っていますので、当然価格はまちまちです。

フラッシュセールもやってますね。セールは6時間毎に切り替わります。

☆「Aliexpress Flash Deals

いま出ているものだと、Xiaomi Redmi 4 (Pro,3GB/32GB)が146.24ドル・・・これはそれほどでもないですね(苦笑)販売ショップ名は「Xiaomi MC Store」となっていますが、ここは私が昨年Mi5sを買った時には「MC MART」を名乗っていたところです。評価は低くなかったはずなのになぜ名前を変える。。。ショップ名に「Xiaomi」を入れちゃうあたり、中華ですね(苦笑、それとも本当に公式取扱店にでもなっているのかな?)

Xiaomi Redmi A4は98.5ドルというのもあります。こちらも・・・他サイトで買ったほうが安いかも。

中華スマホ本体の輸入は有名な中華サイトのセールでもアリエクスプレスに劣らないレベルの値下げをしまくるショップが最近増えているので、ぱっと見比べたところではそれほどずば抜けた価格のものはなさそうでしたが、例えばiPhone用やXperia用の修理バーツなどは一般的なガジェット通販サイトより、アリエクのほうが在庫が豊富です。

☆「Aliexpress Mobile Phone Parts - LCD

例えば上記のカテゴリーにはiPhone用のディスプレイ交換パーツ(デジタイザー)がいっぱいあります。iPhone5s用は15ドル、iPhone 6用でも20ドルくらいで買えます。日本でも並行輸入品ならアマゾンで簡単に手に入るのでそれほどのお得感ではありませんが、Xperia Z3用などもあります。日本で需要があるiPhoneは大量輸入によって国内通販でも割安になりますが、マイナーな機種のパーツを買うなら個人輸入のほうが節約になることもあるはずです。

スマホ用のケース・ジャケット・保護フィルム、ケーブル類も国内価格よりは断然安いものが豊富。国内販売品の仕入元がAliexpressであることも少なくなさそうなので、輸入のコスト・リスクを考えれば価格差が生じるのは当然というものなので、国内価格が高いというわけではありませんけれども。

あとはファッション類・雑貨類などの取り扱いが多いですね~。カジュアルファッション向けのイミテーションジュエリー・アクセサリーなど、日本のアマゾンでもよく見かける商品もあるようです。


アリエクスプレスもトラブルに遭いさえしなければ普通の通販とほとんど変わらない簡単な登録・手順で輸入にチャレンジすることは出来ます。商品の説明をよく読み、商品の評価・出品ストアの評価を十分に確認して安全そうなところを探せば、かなりしっかりとした対応をするお店もあります。

商品説明と違う色・バージョンが届いたり、全く別の商品が届いたり、あるいは届かなかったりと、いろんなトラブルがあり得ます。そのあたりまで含めて輸入販売を楽しめるという人なら、掘り出し物を探して7周年セールを楽しんでみるのも良いと思います(逆にその辺りを理解していない人には、リスクも相応にあるため軽々しく利用のオススメはしていません)。

☆「AliExpress 7th Aniversary Sale TOP

アリエクの輸入方法については過去にMi5を購入したときの日記あたりをどうぞ。英語での配送住所指定方法や、クレジットカード情報の入力の様子、配送の追跡状況などについて解説しています。



# by ke-onblog | 2017-03-28 17:25 | 端末輸入 | Comments(2)
先日もドコモの機種変更で一括割引が適用可能な端末購入サポート機種の白ロム価格相場をお伝えしましたが、実際に購入サポ機種を白ロムで安めに買える具体的なショップと販売価格を幾つかチェックしてみましょう。

オークションやフリマサイトの相場は過去記事に書いた通りですが、今日28日までの購入ならヤフーショッピング系に出品されている在庫が狙い目です。Tポイント還元を考慮すればオークション並の価格で制限○・赤ロム保証があるショップ販売品が買えそうです。
今白ロムで購入をおすすめできる機種は私もお風呂用スマホとして活用中の Xperia X Compact SO-02Jか、一括650円スマホとして一時的に注目を浴びた MONO MO-01Jのコンパクトな2スマホです。スペック重視なら前者、値段重視なら後者。

まずはSO-02Jから。

☆「ヤフー ガラケー生活 Xperia X Compact 新品白ロム」/ 51,980円(税込)

こちらは先日も少し紹介した、対象ストア限定でポイントアップがされているガラケー生活の在庫。パッと見の価格は高く見えますが、Tポイントで実質2割引きが狙えます(買い物リレー別途)。
d0262326_05344228.png
ポイントの付与数はアカウントの登録状態によって異なるので注意が必要ですが、私の場合は期間限定ポイントも含めて11,418円相当のTポが貰えます。すでに満たしている条件だけでも20倍、「YJカード」も年会費無料で作れますのでヤフショを使うのなら持ってない人はほとんど居ないでしょうから、最大還元率までの到達も容易だと思います。

これで51,980円→実質40,562円。オークションの落札相場(44-46k)から比較しても悪くないレベルです。

☆「ヤフー アキモバ Xperia X Compact Universe Black」 46,999円(税込)

こちらのショップはポイントアップ掲載ストアには入っていないのですが、未使用品白ロムの販売価格としては多分ヤフーショッピングでは最安(ただし単品在庫なので、売り切れ時はご了承ください)。

Tポイントの付与は最大で6,097円相当(13倍)の表示。
d0262326_05424667.png
これで46,999円→実質40,902円。通常ポイント4%分&掲載ストア5%分は、前述のガラケー生活より少ないものの、支払額が5千円少なく、期間限定ポイントをたくさん貰っても使いみちに困るかも。。。という人にはこちらが向いています。

こんな感じで、Xperia X Compact SO-02Jの白ロムは実質負担でいいなら4万円前後が狙えます。白ロム価格相場は機種変更向けに端末購入サポート入りしてから下がりはしましたが、現状では4万5千円前後で安定しているため、これ以上大きく下がるためには公式価格のさらなる値下げでもない限り、半年・1年というレベルで時間が経たなければ下がりづらいところだと予想していますので、近々買い替えを考えていたのならポイント還元キャンペーンが大々的に行われている3月のうちに機種変更をしておくのは悪くなさそうです。

SO-02Jの通常価格は63,504円、新規・MNP・機種変更一括価格は15,552円で同額です。

☆「docomo Xperia X Compact SO-02Jをみる

続いてMONO-01J。この機種は「ハイスペック機種の大幅値下げが禁止なら、初めから安い機種を売れば良い」という逆転の発想が各所で話題になったモデル。発売日から機種変更で一括648円という低価格での販売となったため、白ロム相場も安くなりました。

Xperia X Compact SO-02Jの4.6インチとも近いサイズの4.7インチHDディスプレイで、防水ありという点は良いのですが、普通にドコモで購入サポを適用させて買うには勿体無いかな・・・というレベルになってきました。+1.5万円でSO-02Jを買ったほうが断然満足度は高いと思います。

ドコモの通常購入の話はさておきまして、、、白ロムでの購入であればMONOの売買相場はSO-02Jの半額以下というメリットは小さくありません。

利益が少ないのかヤフーショッピングのストアにはあまりMO-01Jは出品されていない(未使用品で25,800円→実質22kくらいならあります)のですが、ケータイアウトレットには2万円前後の在庫があります。

☆「ムスビー

現状では△表示、赤ロム保証のある在庫で税込み18,800円~(手数料加味で2万円弱)くらいから買えるので、ヤフーショッピングの還元を考慮するより安そうです。

MO-01Jのオークション相場は2月頃までは15-17kくらいだったのですが、3月に入ってから他に端末購入サポートで安く買える機種が増えた影響で在庫が減っており、新品の落札実績は直近ではほとんどありませんね(苦笑)

☆「ヤフーオークション MONO 新品在庫出品一覧

かつては機種変更向けに一括値引きされる機種が限られていたのでMONOのポジションは興味深かったですが、結局他の最新機種まで機変一括値引きになったので、白ロム購入時に「新品で安めの機種が欲しい」という場面くらいしかメリットが・・・

それでも4インチサイズのドコモスマホはSO-02Jを含むXperiaのCompactシリーズかiPhoneくらいしか最近はありませんので、SO-02Jは高くて手が出ないという人にはMONOはお手頃だと思います。

☆「ドコモ MONO MO-01Jをみる

MONOの割引解除料は15,876円なので、機種変→即解約からのMVNO運用をするくらいなら白ロムで買ったほうが良いでしょう(機種変でキャッシュバックでも盛られていれば別ですが)。

私ならXperia X CompactとMONOなら確実にSO-02Jを選びますが(実際に買っちゃいましたし)、スマホに求めるものは人それぞれだと思いますので、予算に合わせて安く買えそうなショップを探してみると良いでしょう。もうこの2機種の白ロム価格は安定期に入っているため、「白ロム相場の値下がり」を待つよりは「キャンペーンで割安に買えるタイミング」を優先したほうがお得に買えそうです。

(ヤフーショッピングのTポイント付与分は、キャンペーンによって上限があります。他の買い物と合わせて白ロムを買う場合は合計額に気を配りながら調整して、最大還元率を狙いましょう)


# by ke-onblog | 2017-03-28 06:27 | 白ロム転売法 | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン