白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNP白ロム転売で気をつけること 有料コンテンツの解除

ナンバーポータビリティ(MNP)を使って安くスマートフォンを仕入れ、すぐに白ロムとして転売するというのは、個人における白ロム転売の常套手段です。

が、しばしばMNPを契約するときに、有料コンテンツの強制加入をさせられる場合があります。

有料コンテンツがキャッシュバックの条件に入っていることはよくあり、コンテンツ購入によって確かに値引率が上がります。ただ、これらの契約を1・2ヶ月間は解除してはいけない、ということがあります。

たとえば、auだとビデオパスやうたパスなどの契約が2ヶ月後にされていることを確認した後、キャッシュバックが始めて行われるというショップもあります。

このとき、もしも解除してしまっていると、キャッシュバックがうけられなかったりします。

そしてさらに問題なのは、もしも購入後有料コンテンツを解除せずに白ロムとして売ってしまった場合、有料コンテンツの解除がその端末上からじゃないと解約できない場合もあるそうです(電話で解除とかは出来る可能性もないかな?私はやったことないのでよくわかりません)。つまり、2ヶ月待ってからじゃないと転売できないと。

2ヶ月も待ったら白ロムの相場は最新機種でも2.3万円は下がってしまうので、転売としては本末転倒なことになりかねません。

ということで、MNPからの白ロム転売の場合は、有料コンテンツが条件に入っていないものを選ぶか、ちゃんと後で解除できるかどうか確認してから行うことをオススメします。
by ke-onblog | 2013-01-07 12:42 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。