白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNP白ロム転売のコツ 旧機種はスタンダードな性能優先

白ロムで転売を行う場合、MNPのキャンペーンを最大活用するのが得策ですが、どの機種を選べば儲かるのかというポイントについて書いてみましょう。

もっとも利益が出せる機種は、何も最新機種ばかりとは限りません。たしかに最新機種は比較的高く売れますが、キャッシュバックなどを考慮すると、旧機種のほうが転売しやすい場合も少なくありません。

では、どんな機種が転売しやすいかといえば、なるべくスタンダード・万人受けする機種が売りやすく、白ロムの価格も比較的高めで安定することが多いです。

たとえばauの場合、昨年モデルのURBANO PROGRESSOは、ケータイ★アウトレットで新品が1万円台前半で売っています。まだ発売から1年も経っておらず、定価6万円模する機種が、です。

スペックは悪くないのですが、スタイリッシュな機種とはいいつつ、URBANOシリーズはちょっとユニークなイメージが強く、買い手がつかないようです。

一方、定価は5万円ちょっとだったISW13HTは、同時期の発売なのにまだ25000円以上で取引されています。この2台では、白ロム価格に倍もの開きがあるわけです。

ISW13HTはau2012年夏モデルのトップ機種で、それほど突出した機能はありませんが、全体的に高いスペックで使いやすい機種として今でも人気があります。

今この2機種をMNPで買おうとすると、おそらくどちらも一括0円で買えるでしょう。キャッシュバック次第ですが、転売目的ならかなり場合でISW13HTの方が多く利益を出せるはずです。

こんな感じで、なるべくスタンダードで有名なブランド・機種のほうが古い機種の場合は売りやすくなっています。このほかだと、やはりXperiaシリーズ、AQUOS PHONEシリーズは強いですね。

ただ、古いARROWSシリーズはダメです。有名ではありますが、旧機種ほど不具合が多く、敬遠されがちなので気をつけましょう。



by ke-onblog | 2013-03-05 16:42 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。