白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNP白ロム転売法で掛かる事務手数料は?

白ロム転売に限りませんが、MNPをするには多少の手数料がかかります。いわゆる事務手数料ってやつですね。

この手数料はおそらくどこのショップ・量販店でやっても同じだけ掛かりますので、最低限の費用として出費は覚悟しなければなりません。

MNPの事務手数料は、移動元と移動先、両方のキャリアに発生します。転出手数料はドコモ・ソフトバンク・auともに一律2,100円です。

転入手数料はソフトバンク・auに移動する場合は2,835円、ドコモに移動する場合は3150円となります。

つまり、合計で4935円or5250円が絶対に必要です。MNPで利益が出せるかどうかを判別するときには、この手数料分も考慮に入れなければならないので、お忘れなく。

移動元で解約手数料が必要なプラン(2年縛りとなる割引プランなど)に入っている場合は、解約月以外だとおよその場合は9,975円がかかるでしょう(プランによって異なるので、キャリアのパンフなどで調べましょう)。

違約金を入れた事務手数料は約15000円くらいになることが多いです。MNPで得られる差額は15000円どころじゃないので、このくらいは必要な出費と思って諦めてください。

もし端末に未払い分がある場合は、その分も一括で支払っておいた方がいいでしょう。絶対に赤ロム流しはいけません。未払い分が残っていてもちゃんと支払い続ければ確かに白ロムとしては使えますが、転売時に端末チェックで利用制限が△になると買い取ってくれないショップ、査定が激減される場合もあります。ヤフオクなどで売るにしても、購入者の信頼度が全然違いますからね。



by ke-onblog | 2013-03-10 13:12 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。