白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNP活用法 MNP白ロム転売には2回線以上用意しよう

今回は、MNPを最大限に有利に使うための方法「複数同時MNP」についてです。

携帯電話時代の昔に比べてスマートフォンの運用にはパケット代金が高いイメージがありますが、MNPをする場合は、2台以上同時に乗換えを行うことで通常のMNPより優遇されるキャンペーンを多くのショップで見かけます。

いわゆる抱き合わせ販売の類になりますが、最新機種と旧モデルがセットになってMNPをすると、発売直後のハイエンドスマートフォンですら一括0円、という案件も見かけます。逆に言えば、新機種は1台きりのMNPでは一括0円なんてまずあり得ません。

白ロム転売用でなくても、複数契約のキャンペーン優遇っぷりは魅力です。


2回線も維持費が高くて持てないよ、という印象があるかもしれませんが、回線を維持するだけならソフトバンクのプリモバイルSIMを手に入れるのが一番安いです。1年間以上の維持が必須(1年未満だと違約金9975円が掛かるので)のため、3000円のカードを1・2回追加するだけでMNP専用弾が作れます。

プリモバイル用にはソフトバンクの3G携帯電話をSBショップに持ち込んで契約できます。白ロムが無い場合はケータイ★アウトレットなら中古で3000円もしないで740SCが買えるでしょう。どうせ維持するためだけの機種なので、なるべく安い白ロムならなんでもいいですね。もちろん、プリペイド分の電話・メールはできます。

これで1回線の年間維持費は1万円以下でMNP弾が用意できます。今はプリモバイルは同一名義で2回線持てますし、家族名義でもっとたくさん維持してMNP用に準備しておくのも良いでしょう。

ここで注意したいのは、プリモバイル回線の自動解約です。プリペイドカード1枚に付き、通話料の有効期限60日+受信専用期間360日の合計420日間はお金が掛かりませんが、この期間を過ぎてしまうと電話番号が消滅してしまうため、MNPに使えません。

常時MNP弾を持っておきたいところですが、長期間MNPをしないと無駄になってしまうので、気をつけてください。


MNP一台分のキャンペーン割引相場は2~3万円分ですので、優遇しているキャンペーンを見つければプリモバイルの1年分の維持費など簡単に取り戻せます。

2回線維持には手続きの手間はもちろん掛かりますが、誰でも簡単に出来ますので、白ロム転売やMNPで最新機種を安く手に入れたいと考えているならやってみる価値はあるはずです。



by ke-onblog | 2013-06-13 17:14 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン