白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

今こそXperiaZ SO-02E転売のチャンス?在庫品薄で高騰中

今日、なんだかドコモの2013年春モデルスマートフォンであるXperiaZ SO-02Eがヤフーニュースなどで取り上げられて話題になっていますね。

2013年2月9日に発売され、5月末には生産終了、現在は販売もほとんど終了しています。したがって、これからXperiaZを買いたいならば白ロムしかない、という状況になってプレミア感が出てきていますね。

白ロムの買取額は買い取り価格比較 docomo XperiaZ SO-02Eのページによると、6月時点でマックス4万円台後半になっています。普通のショップ買取でこの価格は驚異的です。他の機種なら3万円以下でしょう。

ハイスペックでデザインもカッコイイXperiaZは海外でも人気だそうですが、ドコモは追加生産などは行う気がないようです。もっと作れば絶対売れると思うんですが、ドンドン機種を入れ替えていくという日本の風潮に引きずられていますね。

人気機種でもそれ以上売らない、という戦略がよいのかどうかは私には知ったことではありませんが、白ロム転売の観点からはウェルカムです。3月頃に一括0円で売られていた機種が、今でも数万円で売れると。

状態良く保存していたなら中古でもかなりの買取額のようですし、今のうちに在庫をかき集め、最高に高騰したところで売り捌けば真に「転売」が出来ちゃいそうです。


とはいえ、やはりスマホは時間が経てば経つほど性能的には時代遅れになっていくので、高く売れるのは夏から秋頃までが限界でしょう。冬になればもっとスペックの高い後継機 Xperia Honamiというのが出るようですし。

販売終了後に白ロム相場が高騰すること自体はこれまでにもありましたが、ここまで顕著な例はやはり珍しいです。XperiaZ恐るべし、です。



by ke-onblog | 2013-06-17 21:30 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン