白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNP弾の作り方-3円運用orソフトバンクプリペイドの利用

皆さんは白ロム転売をする際に(もちろん転売に限りませんが)、少しでも安く回線を維持したいと考えるはずです。そのために有名なのがMNPのサポートを使って大幅に割引されたプランを利用する、「SIM寝かせ」か、ソフトバンクのプリペイド式携帯電話の「プリモバイル」を使う方が多いのではないでしょうか。

今回はどちらが低コストか、どうやって使い分けるか、という解説をしてみます。

まずはSIM寝かせについて。

「SIMを寝かせる」というのは、MNPを過度に同じ番号で繰り返すとキャリアにマークされ、契約の審査が通らなくなることを避けたり、欲しい機種が出るまで回線を待機させておきたい場合に使います。

そのときに便利なのが、MNPを使った3円運用です。これはドコモの回線でよく言われるものです。ドコモはMNPを使った契約だと、基本料金から3000円以上割り引くようなキャンペーンが良くあります。これによってすべての基本料金を0円にして、残ったユニバーサル料金の3円だけを毎月支払っていくことで運用が出来るというものです。

ココで気をつけなければいけないのが、3円運用には、そもそもMNPで移動しなければできないと言う点です。新規ではサポート額が小さいので、3円運用はまず出来ません。そして、毎月の支払いは3円かもしれませんが、そのときの端末購入代金は一括で支払っておく必要があります。一括0円の機種ならいいですが、それ以外だと始めに数万円が掛かります。

一方のプリモバイルによる回線保持では、現在一番安い機種を選べば5000円ちょっとで1年間回線を保持できます。ソフトバンクオンラインショップで買えば、送料も無料・契約手数料・本体代金・3000円分の通話プリペイド込みで、5000円なんです。

こんな低額で回線をもてるのはソフトバンクのプリモバイルだけでしょう。前述の3円運用にしても、事務手数料だけで5000円近く掛かりますから。

プリモバイルの欠点としては、チャージをしないと1年(正確には420日)で回線が自動的に解約されてしまうことです。なので、MNP転出のタイミングを間違えると、せっかくの回線が無駄になってしまうのです。あと、もちろん同じソフトバンクへのMNPは出来ないので、自然とau,docomoへのMNPがメインとなります。


つまり、「3円運用はSIMを寝かせたい場合に使う」、そして「プリモバイルは新規回線が欲しいときに使う」、ということですね。この2者は白ロム転売を考える上で役割としては似ていますが、使う状況は全く別とも言えます。


転売で稼ぎたいならば、2者をうまく使い分けて、最小限のコストで運用できるようによく考えることが大切です。

*プリモバイルの期限については「ソフトバンクオンラインショップ公式ページ」に詳しく書かれているので、購入前に必ずチェックしましょう。
by ke-onblog | 2013-07-12 20:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン