白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

7月MNP au ButterflyJ HTL21 一括0円情報条件比較

auのスマートフォンとしてはHTC ONE HTL22が最新モデルなのですが、あえて昨年の冬モデルHTC J蝶 HTL21のキャンペーンを探してみました。

HTL21はフルHDのディスプレイを搭載した国内初のスマホでしたっけね。今ではフルHDの解像度をもつ機種も増えましたが、今でも十分トップクラスの機種として使えるHTL21です。

夏モデルのHTL22はちょっとゴツいデザインになったせいか、イマイチ盛り上がっていないので、白ロム転売を狙うのであれば、型落ちというだけで安売りされている21で美味しいキャンペーンを探して売り捌くのもありでしょう。


いろんなショップでHTL21の一括0円情報は出ていますが、元が高く、auのキャンペーンが乏しいので条件はいろいろでした。

たとえば、

・「テルル池袋店」・・・一括0円+CB5000円/コンテンツ無し 、 ただしパケットフラット、通話ワイド必須且つ、スマートバリュー(auのネット回線の利用者が使えるやつ)が要ります。auひかりなどを使っている人ならいいですが、その他だとネット回線の切り替えが必要なのでハードルが高いですね。

・「テレウェーブ大船店」・・・一括0円/コンテンツ無し LTENET フラット、あんしんサポ、スマパス+ビデオパスなど各種オプション加入必須です

・「てるてるランド深谷川本店」・・・一括0円/条件一切無し、 ただしU-22の家族セット割り適用時のみ(つまり、他機種との同時購入が必須)

と言った感じで、使えるキャンペーンさえあればかなり多数のショップで一括0円で買えますが、ただ1台、他のキャンペーンが
使えない人がMNPで一括0円はまだ厳しいようです。

ちなみに、こちらの「白ロム買取価格比較サイト-HTL21の買取査定」によると、7月時点の買取額トップは25000円を超えます。

上手く転売すれば利益が出るはずですが、キャンペーン適用のための加入プラン、維持費がネックになってきそうなのでよく計算してからMNPするのが良さそうです。
by ke-onblog | 2013-07-25 10:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。