白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

auで複数回線が持てなくなる?同一名義での3回線以上保持の規約変更か

数日前からMNP乞食たちの間では話題になっていたようですが、どうやらauの携帯電話の複数回線に関する契約規約が変更になったそうです。

それによれば、8月9日から、個人が3回線以上を同時に保持する際に、短期間で過去に解約歴がある場合には契約審査を落とされる(契約できない)というのです。

auの公式ホームページなどにはぱっと見た感じ12日現在も特に案内などは出ていないようです。

しかし、ネット上ではauのサポートに問い合わせて調べた、というような情報もあったので、確かに変更があった模様です。

MNP契約転入をする際に、「同時契約できる最大数は5回線まで」かつ、「過去に2ヶ月以上支払いをしてない新しい回線からのMNPがある場合は2回線まで」、そして「3回線目以降は利用者登録必須で同一名義での契約は不可」となったそうです。

この変更で、KDDIは超短期で契約⇒解約⇒MNP移転が出来なくしようという試みのようです。

一般人にはほとんど関係の無い変更ですが、複数のMNP回線を持っている白ロム転売ヤーにとっては死活問題とも言える変更になりました。

とはいえ、よく条件を読めば、過去2ヶ月以上支払いがあれば良い、というものは、良識ある転売をしている人なら普通にそのくらいは維持してますよね。そんな短期で解約を繰り返していればこれまででもブラックリスト入りする可能性がありそうな気がしますが。。。

そして3回線以上では複数人の名義が要る、というのも家族の名義を利用すればある程度は同時に持てるわけで、そんな何十回線も転売に使っているような人は極少数でしょう。ま、それを仕事にしているような人には痛手かもしれませんが、たま~に面白そうな機種で転売にチャレンジする私のようなニワカには関係なかったですw


また、あくまでauへの同時3回線以上が同一名義でもてなくなったというだけで、ドコモ・ソフトバンクなどを併用して回線を回せばもっとたくさんのMNPをすることもできるわけで。

まだまだ甘いMNP転売対策ですね(笑)。これからも暇を見て転売を楽しみたいと思います。

*上記の同時MNP回線契約について、規約に引っかかりそうな転売をする予定の人は詳しくauショップで聞いたほうが良いかも知れません。ネット上での情報は曖昧な表現があり、正確ではない可能性があります。


by ke-onblog | 2013-08-12 15:36 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。