白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

iPhone4Sユーザーは注意!白ロム価格が暴落中 下取りはお早めに

最近は何かにつけてiPhone5Sの話題ばかりですが、ここで懐かしのiPhone4Sの話でもしてみましょう。

iPhone4Sは去る2011年10月14日にソフトバンクとauで発売されました。auがiPhoneに参戦してまだ2年も経っていないというのは、なんだか驚き。


ソフトバンクの独占だったアイフォンが、auからもiPhone4Sを発売することになって、一気に国内のiPhoneユーザーが増えた印象ですが、問題は今2013年8月末、つまり、もうすぐ2年になるわけです。

【2年】といえば、携帯業界ならば誰もがイメージするのは契約の「2年縛り」・「2年分割支払い」のはず。

ちょうど2年という意味では10月・11月なのでもう少し先なんですが、4S→iPhone5Sで機種変更をしようと企んでいるユーザーはきっと多いですよね。

で、当然機種変更するならば、古い端末は要らなくなるわけで、だったら売ってしまうという人が非常に増えているようです。

そのため、スマホの買取業者のiPhone4Sの買取額が激減しているそうです。

こちらの携帯スマホ買取価格比較ガイドさんの「アイフォン買取比較結果 ソフトバンク iPhone4s 64GB 」を見ると、僅か1ヶ月の間に5000円以上も下取り額が下ったという報告が。。。

2年という期間はたしかに機種のバッテリー性能・スペック性能の進化から見ても買い替えに最適の時期です。ちょっと早めに白ロムとして売ってしまうというのは多くの人が考えるところかもしれませんね。

ちょうど今日の更新で買取最高額は3万円ほどになっていますが、これから9月・10月になればさらに下ってしまいそう。


もしiPhone5Sに変更を考えていて、iPhone4Sを近々売却しようと考えているならば、一刻も早く売ってしまったほうが賢明でしょう。



by ke-onblog | 2013-08-23 22:15 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。