白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

白ロム転売で生きていく-法人化の方法その2 会社立ち上げの費用は?

とあるブログの訪問者さんから、昨日書いた「白ロム転売で生きていく- 転売業者として独立・法人化する方法」について、会社を作るのに幾らくらい資金があればできるのん?とコメントを頂いたので、サラリと触りだけ解説してみます。


法人化(今回は株式会社の場合にします)に関する諸経費は、実はそんなに大した額じゃありません。

法人化の手続きには、自分でやってもいいのですが、一般的には会社設立代行業者に依頼します。登録免許税、定款認証手数料、収入印紙代に社印などを用意すると、大体20~25万円くらいが掛かります。

これが会社設立の最低限の費用です。昔は株式会社なら1,000万円の資本金を用意する必要がありましたが、2006年に新会社法に切り替わったおかげで、最低資本金規制の特例を適用すれば「資本金0円」すら可能になりました。

白ロム転売業者をやるなら、古物商の免許も欲しいところですね。仕入れは自分でMNPを繰り返して入手したり、ネットで安く手に入れて正しく「転売」、というのもありでしょう。古物商の免許は自分で手続きをすれば約20000円で取れます。

一人法人で、ネット通販やショップへの転売だけに終始するならば、事務所も自宅でいいですし、初期費用なんてほとんど掛からないでしょう。なので、会社の資本金も別に要らないですね。強いて言えば、最初の転売のために契約する回線分の費用を資本として用意すればOKですね。


会社設立を業者に代行してもらう場合、収入印紙代が掛からず、その分を代行業者への報酬分へ充てる事で、自分でやっても代行業者に頼んでも同じような費用で法人化が出来る事務所も多くあります。

また、最近は便利なツールもあり、下記の「新会社設立くん」みたいな書類作成のための入力システムまであります。





というわけで、白ロム転売会社を設立するのには、ざっと最低50万円もあれば余裕で作れます

もちろん1人で会社を運営するなら、会社を作った後は経理を行う必要もあります。簿記の知識があれば自分でやってもいいですが、ぶっちゃけ素人にはキツイ部分もあります。このあたりは税理士を雇ったりすればやはり費用は掛かります。

MNP転売だけを行うなら、最初にMNPできるまでに数ヶ月~1年くらいの時間が空くわけですから、その間の収入がないことになりますし、脱サラして始めよう!と思うならばそれなりに蓄えを作ってからのほうがいいかもしれませんね。


(ブログ管理人は税務関係のプロではありません。上記の内容も情報が抜けていたり、古かったりするかもしれませんので、本気で会社を作りたい方は専門家のアドバイスなどを得てから検討することをオススメします)
by ke-onblog | 2013-08-30 12:15 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented by 仮名 at 2015-07-07 12:59 x
信頼出来る店員に良い案件があった時に法人でも同じくらいの価格で契約可能かきいたら、法人だとまとめて割りが適用出来なくて高くなるとかならないとかって聞きました。回線数も簡単にたくさんは契約出来ないらしいです。 一瞬立ち上げようかと思いましたが、 世の中甘くないですね(。・ω・。)
Commented by ke-onblog at 2015-07-07 14:27
>仮名さん

こんな古い記事を読んで頂けるなんて(笑) 個人向けとは少し違うのかもしれませんが、かつては法人でもSBはまとめて割ってあったそうです。個人で言えば家族割みたいなものですが、やっぱり従業員数がある程度居ないと契約出来ないとも聞いたことがあります(普通に考えれば当たり前ですけどw)

キャンペーンを見ていると「法人回線は対象外」というのも多々ありますので、一般的に知られているような案件・条件とはまた違うみたいですね。まぁ、今の時代でそんなのが罷り通ってしまったら携帯古事記企業が乱立してしまいますよねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。