白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

iPhone5sのキャリア選び:繋がり易さってどういうこと?

iPhone5sが話題なので、たまには白ロム転売とは関係ない話を少々。

今ネットを見ると、au・ソフトバンク・docomoのどの会社でiPhoneを買うのがいいか、という記事がゴマンとあります。

その中では特に「iPhoneの繋がりやすさ・電波の強さ・ネットの速さ」で選びたいというユーザーが多いのだそうです。

iPhoneも「電話」ですからね。繋がらなければ意味が無いので、このユーザーの声も当然です。

といっても、ネット上で公開されているいわゆる「繋がりやすさ」のデータを比較しているサイトを見ても、私はあまり参考にならないと考えます。


たとえば、「A社は人口カバー率99.1%、S社は98.8%です。だからA社がいいです」、といわれても、そんなのほとんど一緒じゃん!で終わりだと思うのです。ほとんどすべての人はAでもS社でも普通に使えますって。

また、「山手線・新幹線でのLTE接続率」とかも良く見ますね。全国すべての人が、山手線の接続率を気にする必要がどこにあるのでしょう?一般人が、そんなに新幹線に乗る機会があるか?って皆つっこんでいますよ・・・

一般性をデータで比較するためには、上記のような手法しか取れないのは理解できますが、一番重要なのは自分の住んでいる地域でちゃんと繋がるか、どれだけ速度が出るか、ってことでしょう。それを確かめるには、自分で確かめるほかないんですけどね・・・。

自分で確かめなければ、繋がりやすさなんて判りっこありません。docomoが田舎でも良く繋がる、たしかにそうかもしれません。でも都心ではドコモのパケ詰まり、LTEの遅さはauの比じゃない、というデータもあります。


繋がりやすさが知りたいなら、調査会社のデータなど気にせず、自分で確かめるか、家族・友人、あるいはショップ店員に聞いてもいいでしょう(キャリア正規ショップではダメです。量販店か複数キャリアを扱う携帯専門店がオススメ)。

MNPで契約するならソフトバンクのバリバリバンバンキャンペーンなんてので、電波品質に満足できなかったら返品できる、というの利用できます(ただし、解約しても元のキャリアに戻れないのでそれほどオススメは・・・)。

今、どこのキャリアでiPhoneを買おうか迷っている方は、ネットの情報に踊らされないように、十分注意することを心に留めておいて下さい。




by ke-onblog | 2013-09-12 10:19 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。