白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

プリモバ価格改定 新料金でMNPにいくら掛かるか計算してみた

昨日再入荷したソフトバンクのプリモバイル、740SCですが、以前とはお値段が変わっています。購入時に最初から使えるチャージ金額が増えた分、価格も上乗せされました。

それでもまだまだ安いため、MNP弾としての活躍どころはありそうですが、ここでもう一度、ソフトバンクのプリペイド式携帯電話(今はスマホタイプのプリスマ、というのもあります)を購入するのに価格金額&MNP転出に掛かる手数料などを復習しておきましょう。


以前は本体・プリペイドチャージ額・送料・契約手数料・代引き手数料もすべて合わせて5079円で買うことの出来た740SCは、今はプリペイド額が4000円になり、販売価格は6279円となりました。

手数料・送料などに変更はなく無料なので、回線を持つだけなら6279円ですべてが済みます。

*12月10日から在庫一掃セールで旧機種のスマホ型プリモバイルも6279円から買える端末があります。台数限定ですが、格安なので740SCよりも便利に使えると思います

解約&MNP転出に実際に使う場合、購入後の期間によって掛かる手数料が異なります。ここが一番の注意点ですね。

期間ごとに手数料をまとめてみるとこんな感じです(2013年9月28日以降に買った人の場合)↓

1年以上利用:違約金 0円 + MNP手数料 2100円 = 計2100円
2ヶ月以上-1年未満:違約金 20790円+ MNP手数料 2100円 = 計22890円
2ヶ月未満利用:違約金 20790円+ MNP手数料 5250円 = 計26040円

2ヶ月というのは実は正確ではなくて、「契約後翌々月末」という表現が利用規約には使われています。たとえば今日2013年の12月11日に購入したのなら、2014年2月28日まで80日ほどは、MNPの手数料が5250円掛かっちゃいます。二ヶ月+α、がMNP手数料の高い時期、ということですね。

1年間利用(回線保持)すればMNP手数料だけでMNP弾としては最高なのですが、短期間でのMNPはさせないぞ、というソフトバンクの抑制が違約金・手数料によってかけられたわけです。

ちなみに9月27日以前に買った人は違約金は半額の9975円でした。この場合だと購入⇒即MNP転出でも恩恵があったのですが、今の26000円も手数料は払いたくないですよね・・・。プリモバ代も入れれば3万円超えですし。


一番安い740SCを1年間使えば、本体6279円+MNP手数料2100円の8379円だけで転出が出来るようになります。新規に比べてMNPでの割り引き優遇は数万円にもなるので、やっぱり普通に買うより断然お得なのです。

740SC自体が要らないなら、白ロムとして売ってしまえば、少しくらいはお金になるでしょう。今でも2000円くらいにはなるのでしょうか。以前は3-4000円くらいで買い取ってくれるショップもありましたね(ちょっと情報が古いですが、以前このブログで調べたときに参照した「ガラケー買取価格比較 ソフトバンク 740SC」にショップ比較リストがあります)。


プリモバイルは計画的に使えば確実に安くスマホが買える方法ですが、契約期間・違約金の問題だけはしっかりと把握してから使ってくださいね。まさに、「ご利用は計画的に」というやつです。


by ke-onblog | 2013-12-11 16:03 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。