白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

増税の影響がこんなところにも・・・プリモバの通話料金8.58円/6秒に

昨日再入荷したソフトバンクのプリモバイル機種の詳細ページを見ていて気付きましたが、プリモバイルの通話料金に関する表示が「税抜き」価格に変更されていますね。

今までは5%の消費税分を含んで通話料金は「全国一律9円/6秒」と書かれていたはずですが、今では消費税が別途掛かります、と。


個人的な意見ですが、消費税増税自体は仕方が無いかな、と思ってました。そして3%アップくらいなら実際そんなに生活に影響ないやろ、とも。

しかし、思わぬところに影響が出ているのですねぇ。最近のケータイキャリアのパンフレットって税抜き表示に書き換わっているのですかね?全然チェックしてなかったので気付かなかったですが、これは分かり難い。

分かり難いというか、いきなり見るとぎょっとしますね。なんだこの料金は、って。


そういえばスーパーなどではすでに消費税を込みではなく、外税で表示しているところが増えているのだそうですね。今回の通話料の件は価格自体を維持するために、表示価格のほうを強引に小数点までつけてあらわしたということですが、果たしてこれでいいのか・・・。


増税のスケジュールは2014年4月に8%へ、そして2015年10月に10%になることが確定していますが、価格表示については現場が安定するまでは違和感のある値段設定がこれから増えそうです。

スマートフォンの料金などは5%の消費税ではわりと綺麗な数字になることが多いですが、4月以降は「パケットフラット料金4536円」なんて値段になるのかもしれませんね。

携帯の料金自体ユニバーサル料金などで中途半端な合計額になるのが常ですし、普通は口座から引き落とされるだけですから不便はありませんが、見ていて気持ち悪い数字が今後広告表示などで増えそうですね(笑)




by ke-onblog | 2014-01-07 20:14 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン