白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[新規一括0円]docomo キッズケータイHW-01D 月々3円維持可能回線

3歳から12歳までのお子さんがいる方限定ですが、ドコモのキッズケータイ回線が新規一括0円、さらに毎月3円だけで維持できるMNP弾用案件がありますね。

キッズ回線は新規0円の案件も結構全国的にあるはずです。auやソフトバンクでもそれぞれmamorinoシリーズやみまもりケータイシリーズがありますから、将来的にMNPで転出したいキャリア以外の回線を購入しておけばOKです。

最近では小学生でも通常のスマホを持っている子もいるようですが、たとえば私の家の場合は中学で塾や部活に行くようになり、それをきっかけに連絡用として携帯電話を買っていましたね。

そう、携帯を買うタイミングというのは中学に上がるときの13歳、というパターンは結構多いのではないでしょうか。もし中学の入学と共に携帯を買ってあげよう、なんて考えているお父さん・お母さんは、動き出すならば1年前から回線を運用しておくと、携帯代金が節約できて便利です。

たとえばドコモの回線を作りたいなら、こんなショップで月々3円でもてます。


てるてるランド川島店

ここは埼玉にあるケータイショップです。てるてるランド自体は関東を中心にたくさんの店舗があるので、このくらいの案件なら別のところでもやっていそうです。

ドコモのHW-01Dが新規契約で本体代金0円、そして子供だけが契約できるプラン割引があるため、これを適用して毎月の維持費も使わなければ最低の3円で1年間使い続けられます。2年契約系が一緒につく場合は13ヶ月目からは3円維持はできないかもしれませんが、仮に2年間満期で使ったとしてもMNPを行ったときの利益を考えれば決して損はしないでしょう。

キッズケータイは2年契約があったとしても、使わないなら途中で違約金を払ってでもMNPで出てしまえばよいです。あまり短期間で何度も転出するとブラックリスト入りも考えられますが、1回だけなら数ヶ月維持しておけば十分でしょう。


小学生の高学年になればスマホにも興味を持つことでしょう。将来どんな機種が欲しいのか相談しておき、その機種のあるキャリア以外でキッズ回線を維持しておくのは賢い選択でしょう。もちろん普通に緊急連絡用としても使えるわけですしね。


キッズ回線は子供がいなければ使えないので独り身の方は普通にソフトバンクのプリモバイル回線を仕込んでおくことをオススメします。キッズケータイは維持費と本体は3円とはいえ、初期契約手数料が掛かりますから、プリモバイルの最安値モデルと比べて2~3000円しか実はMNP弾制作費は変わりません。


by ke-onblog | 2014-01-08 01:39 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン