白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

iPhone5cがようやく廉価版らしく 白ロムは3万円台で激安

今回は白ロムの「転売」ではなく、「購入」関連の話題です。

去年発売されたAppleのスマートフォン、iPhone5sと一緒に登場した「iPhone5c」ですが、発売前には「廉価版」が出る、として盛り上がりましたよね。

そして発表されてみればiPhone5cの価格は市場が思ったよりも高く、「廉価でもなんでもない」という印象が先行して国内・海外でもあまり人気が出なかったみたいです。

iPhone5cの16GBモデルで5万円、32GBで6万円でしたからね。廉価版というからには新興国で売っているような安価なものをイメージすると、せいぜい3~4万円程度が許容範囲だったのでしょう。


そんなiPhone5cですが、最近の白ロムショップの販売価格を見てみると、ようやく「あ、廉価版だ」と納得できるくらいの安さになっていますね。

MNPでも一括0円あたりまえ、特にiPhone5sとの抱き合わせ販売なども多かったので、要らないiPhone5cを白ロムとして売却した人がたくさんいたのでしょう。

在庫が増えに増えて、今ではiPhone5cの白ロムは新品でも3万円ちょっとくらいで買えるようになりました。すでに飽きた人もいるのか(笑)、中古在庫なら2万円台でも買えます。

私も利用したことのある(家族用に中古ガラケーを買いました)「ケータイアウトレット」という白ロム販売サイトでは、キャリア別に見るとドコモとauが安く、ソフトバンク版はちょっと高いようです。それでも3万円前半くらいですね。


自分で動かせる回線があるならMNPで買えばiPhone5cは一括0円にキャッシュバックも貰えちゃいますが、キャリアを変えられない場合は白ロムでの機種変更が便利な場合も多いです。

神経質な人には向きませんが、使用済みでもOKな人なら美品~新品同様くらいの在庫が狙い目ですね。


iPhone5sの発売直後には定価より高い白ロムまで登場しましたが、やはり白ロムはこうでなくては。白ロムは転売する人にも、買う人にも便利で安いものであってほしいものです。




by ke-onblog | 2014-02-01 08:20 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン