白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

MNPキャッシュバックも注意 転売MNP乞食の確定申告

今日はいつになくマジメな話しをしてみましょう。

今週から確定申告が始まっていますね。私は白ロム転売は趣味でしかやっていないためとりあえず関係ないのですが、携帯電話のMNPや機種変更で貰った「キャッシュバック」が年間で大きな額になっている方は、確定申告が必要になります。

小遣い稼ぎレベルの人にはまず関係ないですが、MNP転売で荒稼ぎした人は要注意なのです。


国税庁のHPを見てみると、キャッシュバックは給料ではないため、所得の分類としては「一時所得」になるようです(MNPを貰うことだけを「事業」としているプロの場合は事業所得ですね)。

この一時所得は特別控除額50万円というのが設定されてますので、年間で「500000円」を超えるCBを貰っている場合に納税の必要性が出てきます。

⇒コメントにて詳しい解説をNaogさんにしていただきました!とても参考になりますので、CBで儲けている方は必読です。*非公開になっていますので、抜粋だけ。

100万円CBをもらった人は [100万円-50万円(控除分)] > 20万円(一時所得の確定申告が必要な上限) のケースに当てはまるので確定申告が必要となるそうです。この時の課税対象額は[100万円-50万円(控除分)]×1/2となり、25万円分に対して所得税が発生します(もちろんそれに応じた地方税や保険料にも掛かってきます)。


50万円の総額には携帯キャッシュバックだけでなく、競馬や福引などの懸賞も入ります(宝くじは非課税なので入りません)。キャッシュバックをギフトカードなどで貰う場合も、その額面の額で評価されるようです。


MNP乞食のプロの場合は携帯を本体価格や手数料、維持費・違約金などを「収入を得るために支出した金額」として経費に出来るのですが、個人ではちょっと難しいですね。「個人で消費した分」に関しては経費に出来ないので、普段使いの回線分は「収入を得るための支出」とは言えないようです。


本体売却・白ロム転売によって手に入れた売り上げ金額は個人の場合は「雑所得」になるので、上記の一時所得50万円枠とは別に、サラリーマンなら20万円を超えると確定申告しなくてはならなくなりますね。

いや、待てよ・・・MNPのキャッシュバックで家族の回線などを含んでいる場合は、それぞれの名義に対してCBを貰っているとすれば50万円を超える人はやっぱり普通はいないのかな?


本当に確定申告・納税の必要がある人はそんなにたくさんいないと思いますが、このブログをご覧になっている方の中にも一部のツワモノたちはいらっしゃるのではないでしょうか。

納税は大人の義務です。確定申告なんて知らなかった、では済まされません。去年から白ロム転売を始めて大もうけしてやったぜ!という方は一度税務署や税理士の事務所に相談に行くことをオススメします。




by ke-onblog | 2014-02-20 14:15 | 白ロムコラム | Comments(6)
Commented at 2014-02-20 20:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2014-02-20 20:47
Naogさん、詳しい解説ありがとうございます!

控除後の1/2が課税対象額になるのですね。単純に控除+20万円の70万円がボーダーだとぼんやり(どのみち私には関係ない高みなのでw)思っていたのですが、説明していただいた内容をみて、納得です。

詳しい内容を知りたかった方も多かったと思いますので、大変参考になりました。

年間90万円か・・・。HTL22なら10数回線MNPすれば超えますね。その他の一時所得とあわせてこのラインを超えるかも?という人は確定申告が終わる3月までにチェックしてみて下さい。
Commented by びわごん at 2015-04-05 15:00 x
CBでの利益が50万円を超える場合、一時所得と見なして良いのかどうかが気掛かりですね。
一時所得は「営業行為としてでなく」もらったものによる所得ですが、果たして、50万円以上お金を期せずしてもらったと言えるのかどうか…
「最初からもらうつもりで、活動したんでしょ」と税務署に言われて全額、雑所得に修正させられたら酷いなと思い、とりあえずCBでの利益が年間50万円を超えないように気をつけています。
そうなるとソフトバンクのように維持費の高いところは年に1回が精一杯。
あとはドコモのシェアオプション回線とauに頼らざるを得ません。
ドコモはCBでなく、請求書還元(利用料金からの値引き)がよくありますが、これなら所得にはならないと思い、利用させてもらっています。
ただ、携帯端末の売却益だけはどうにもごまかしようがない気がするんですよね…
今年はすでに売却益が20万円を超えているので、申告しないといけないのでしょうね。
それを申告した後、CBにまで税務署の触手が伸びなければ良いのですが…(笑)
Commented by ke-onblog at 2015-04-05 16:22
>びわごんさん、こんにちわ~

個人の所得で50万円を少し超えるくらいならば調査が入ることはまずないとは思うのですが、CB狙いでの活動が「営業」になるかどうかは微妙ですね(笑)
売却益の方が確かに審査されやすそうです。びわごんさんがサラリーマンでしたら多分大丈夫ですが、経営者・個人事業主等の場合で本人名義での口座をすべてチェックされるような機会があると、芋づる式にバレかねないですね。

FXや株での収入とは違って支払い相手が固定ではないので、そこまで心配されなくても大丈夫だとは思います^^

いずれにせよ正しく申告・確認していれば問題無いですので、びわごんさんのようにしっかりと考えて準備していれば安心ですね(意図的な脱税でなければ追徴課税されてもそんなにすごい額にはならないですし^^;)。
Commented by びわごん at 2015-04-05 17:40 x
管理人様

コメントありがとうございます。
「営業行為」でなく「営利目的の行為」でした。
これだと解釈次第では引っ掛かってしまうような気がするんですよね…(笑)
Commented by ke-onblog at 2015-04-05 20:55
>びわごんさん

我々のような買い方はやはり「営利目的」と言えそうな気がしますね(笑)

携帯転売の利益で所得の申告漏れを指摘されたというケースは今のところ見たことがありませんが、気をつけるに越したことはないですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン