白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[錬金術?]au HTL22と組み合わせるならプリモバイル即解約もありか

まだまだ続くHTL22の投売り、セット販売はとどまるところを知りませんね。

ちょっと考えたのですが、ひょっとするとこのレベルに至ってはソフトバンクのプリモバイル回線の「即解約」も損にはならないのでは?と。


昨年9月28日以降の購入分から、ソフトバンクのプリペイド携帯電話回線「プリモバイル」では短期間でのMNP転出に対して厳しい条件をつけてきました。

購入から即MNP転出しようとすると違約金が19800円、転出手数料も5000円が掛かります(そういえば税抜き表示に変わってますね。)。プリモバ最安値の740SCで6279円ですから、それと合わせて3万円超の出費が必要になるので、プリモバイルをMNP弾として入手後にすぐに転出するという方法は事実上使えなくなっています。

だがしかし、今のau HTC One HTL22の投売りはどうでしょう。2,3回線同時にMNPしてやれば、このプリモバイルの即解約違約金すらも賄えてしまうのでは?と思います。

もちろん1年間しっかりと寝かせれば違約金無しで動けるので最もお得ではありますけど。


たとえば,auのXperiaZ Ultra SOL24が欲しいな~と思うのなら、既存回線を1つMNPするとして、新たにプリモバ回線を作って2台セットで移動してやれば、HTL22+SOL24の抱き合わせ案件で本体一括0円+キャッシュバック5・6万円ってのも普通にあります。

このキャッシュバック分がプリモバイル即解約の手数料を超えればOKなわけです。HTL22を使えば、かなりの機種で余裕でしょう。

ただお金が欲しいだけなら、プリモバイルを2回線購入して2台ともHTL22に移ってもいいかも知れません。家族名義を使えるなら3台以上でも。そのままCBを貰ったらHTL22も解約してしまえばよいですしね。


この方法はやりすぎると怒られる(ブラックリストに入りかねない)と思いますので頻繁にはやらないほうがよいですが、普段プリモバイルを使っておらず、今の回線もそこそこ使ってから移動しようというのであれば、まず問題にはならないと思います。


こういうことが出来ないようにソフトバンクは違約金を上げたのだと思いますが、それ以上にauのMNP値引きが尋常では無いレベルってことですね。

これがスマホ業界の「適切なキャッシュバック」なんですね~(笑)


by ke-onblog | 2014-02-20 23:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。