白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

転売には悪影響?4月からドコモの定額プランに日割り適用開始

これまでドコモのパケフラ系プランは一ヶ月単位での契約になっており、日割り計算が出来ない仕様でしたが、この2014年4月1日契約分からシステムが変更されるそうですね。

今回の変更で定額プランの日割り料金請求が可能になりますが、同時にキャンペーンで引かれている割引額も日割り計算がされるようになります。

定額料が割引となる「プラスiPhone割」「iPhone Xiカケ・ホーダイ半額キャンペーン」「プラスXi割」「Xiデータプランライト割」の割引額も日割りとなります


割引も日割りというのは仕方の無い変更ですかね。途中で解約しても丸っと一か月分プラン料金が掛かっていたことを思えばよい変更なのでしょう。

そして本体分割で購入した場合の料金も翌月の請求分から始まるとのこと。2年分割で買って2年使い続けた場合にはトータルでは変化が無く、契約から25ヶ月後が最終月になるってことですね。


MNP転売では契約時にパケフラに加入、そして翌月(月跨ぎ)までの加入が義務付けられることが多いですが、これはどうなるのでしょうか。今まで2か月分のパケット代金をユーザーに支払わせるのに、最短で2日間(月末と月初め)あればよかったものが、きっちり60日使わせないといけなくなるわけです。

そうなるとキャッシュバックがあるような案件の場合、キャッシュバックが確定するタイミングが遅くなる可能性があります。本体は白ロム転売に回し、回線だけ生かしておくことは出来ると思いますが、解約のタイミングに対してショップが条件を出してくるかもしれませんね。

4月1日以降、どのようにキャッシュバック案件のスタイルが変わってくるか分かりませんが、今までと同じというわけには行かないでしょう。慣れるまではショップの詳細契約条件について、慎重に確認する必要がありますね。

詳しくは公式サイトをチェックして置きましょう。

⇒「ドコモ 新規契約時におけるパケット定額サービス等の日割り適用開始について




by ke-onblog | 2014-02-26 08:18 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン