白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモの3円維持不可で、ますます際立つプリモバイルのMNP弾効率の良さ

昨日もちょっとだけ触れましたが、ドコモのスマートフォン機種のMNP優遇適用条件が変更されたことで、本体を一括0円で手に入れても以前のように月額3円で維持する、という方法が取れなくなりました。

普段はWiFiのみで、通話には全く使わないという方法で格安維持できる3円回線はSIM寝かせに人気でしたが、これからはどんなに安くしても800円前後の維持費が掛かっちゃうみたいです。

2年契約にして800円だと、トータルの維持費は19200円。もうこれでは単に維持して、将来のMNPのために備える意味がなくなってしまいます。今までなら2万円くらいならMNPのほうがお得だったのですが、これからは怪しいものです。


そこで、改めてMNP弾として効率が良くなるのはソフトバンクのプリモバイル・プリスマ(プリペイドスマートフォン)ですね。1名義あたり2回線しか持てないという縛りはあるものの、105SH,740SC(今は売り切れ状態が3週間ほど続いています)なら1万円以下でMNP弾が用意できます。熟成期間は1年。


最近になってからも、某家電量販店ではプリモバイルの105SHセールとかやってましたし、今新規でMNP弾を仕込むならキッズケータイかプリモバイルが最高のコストパフォーマンスを発揮してくれます。

スマホ型のプリペイド機種でも、201HWなら1万円分のチャージ込みで19980円。本体の実質価格は1万円以下です。


ただ、この4月から新規契約をするとプリモバイル・プリスマは事務手数料が掛かるようになっちゃいました。先月まではキャンペーンで事務手数料金3000円が無料だったんですが、今からの注文だとプリペイド無料チャージ分から事務手数料分(とユニバ料)が差し引かれて手元に届くことになります。

3月までに買った方はラッキーでしたね。今から買ってもMNP弾としての総出費は消費税増税分しか変わりませんが、せっかくなら無料チャージがたくさん使えたほうが気分は良かったのですけど。


ソフトバンクの回線に余裕がある方は他キャリアでわざわざ最低料金で維持しなくても、プリモバイルで仕込みなおしたほうがおトクかも、ということでした(SBにはMNPできませんし、イーモバやウィルコムへもMNP転入特典がないかもですが)。


by ke-onblog | 2014-04-03 20:14 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。