白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

AQUOS PHONE Xx203SHをNexus7用2Aの充電器で充電してみる

AQUOS PHONE Xx 203SHの白ロムが1万円以下でケータイアウトレットで1万円以下で買えたので、週末を使っていろいろとレビューしていきます。

古い機種を使うと気になるのはバッテリー関連。最新機種にはどうしても劣りますが、妥協できる程度かどうかの判断材料を検証してみたいと思います。


まず203SHのバッテリー容量は2200mAh、ユーザー取り外しは不可のタイプです。新型機302SHが2600mAhなので、ふた回りほど小さいですね。ですが、バッテリーの持ちはむしろ203SHのほうが良いようです。

ワンセグの連続視聴時間は公式値で203SHが12時間、302SHは7.5時間と大差をつけています。これがIGZOの力か(IGZOは静止画のときに威力を発揮すると聞いたことがあるので、あまり関係ないかもです。待機時間は303SHのほうが長いみたいです)。


充電に掛かる時間は、純正のACアダプタをつかって公式値230分。0%から充電したことはまだありませんが、大体そのくらいですね。

白ロムを買ったときにも純正アダプタSHCEJ1が付いてきて、これの出力は1A。ですが、私は普段Nexus7 2012年モデルのアダプタをすべてのモバイル充電に使いまわしているので、203SHもタブレット用の大出力2Aの充電器を使って充電しています。

こちらがさっき充電を試したときのスクショです。やっぱりスクショが撮りづらく、1度音量調整になっちゃいました(笑)
d0262326_11473168.png

1時間で25%くらいなので、フル充電すれば約4時間。充電速度は1Aのものとあまり変わらないです。多少早いような感じもしますが、203SHは最近の機種のように急速充電には対応していないので、大きな出力のアダプタを使っても適切なところで制御されているのかもしれません。

純正品以外を使うのは保守上宜しくないでしょうけれど、一応2AのACアダプタでも充電できる、ただし急速充電にはならないということが判りました。


ちなみに、新しい2013年モデルのNexus7についている充電器は1.35Aに出力が下っているそうです。高出力が要求される機種には2013年モデル用はあまり使えない、と聞いたことがあるので使いまわす場合は気をつけてください。


バッテリーの持ち具合については詳しくはまた次回にいろいろ試してみようかと思っていますが、ほぼお風呂専用機として使っているため、1日1時間くらいの使用なら1週間くらいは持ちそうです。

1万円以下のスマホとしては、バッテリーは十分合格点だと思います。




by ke-onblog | 2014-04-12 12:01 | 203SH | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。