白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

格安SIMはどれだけ使えるか パズドラのデータ通信量は?

スマホゲームの代表格といえば、やっぱりガンホーのパズドラこと「パズル&ドラゴンズ」。MVNOの格安SIMでもパズドラやゲームが出来るかどうか気になる方もいそうなので、通信量チェックしてみましょう。

(アプリのバージョンや、ゲームの進行操作によって差異があると思いますので、参考程度にどうぞ)

使用端末はこの前白ロムで買ったSoftbank AQUOS PHONE Xx 203SHです。これにパズドラを入れて試してみましょう。


アプリダウンロード・・・>48.4MB

現在のバージョンは6.4.4となっています。Google play上でインストール時にアプリサイズは「44.62MB」と書かれていました。通信量の測定はストアを開くところから計測しています。

初回起動&データダウンロード・・・>77.3MB

Wi-Fiで接続して2分ほどのダウンロードがありました。ここまで既に100MB突破です。

初回バトルチュートリアル(はじまりの塔1~5)・・・>0.24MB

チュートリアルデータはほとんど先にインストールしているようで、ここでは通信はあまりしていません。時間にして10分ほど解説ですね。

1チャレンジ分(バトル3戦・塔の入り口)・・・>0.05MB

やはり、ゲームの進行自体にはデータ通信は少ないです。

ゲーム再起動(お知らせ・運営メール3通)・・・>0.13MB

2回目以降の起動時も、データのアップデートなどが無ければほとんど通信はしていないようです。

ガチャ1回・・・>0.03MB

通信はしているようですが、やはりデータは端末にダウンロード済みのようで、通信量は小さいです。


ということで、パズドラはMVNOで遊ぶ場合にも通信量への負担は、初回インストール・アップデート時以外にはあまり無いようですね。データを自動更新にせず、Wi-Fi環境でのみ大きな通信をするようにすれば、MVNOの1GBプランなどでも十分に遊べるでしょう。


通常のバトルなら1回で0.1MBくらいでしょうか。1GBあれば1万回出来ますね。ガチャや合成・進化などでも多少のデータは使うでしょうから、少なく見積もって1ヶ月に50時間くらいは余裕でプレイできるのではないでしょうか。

1日30MBや50MBの定量プランでも、初回のインストール・アップデート以外はそこそこ快適に遊べるはずです。1時間プレイを続けても、たぶん30MBにも行かないでしょう(魔法石の購入やガチャを連続で回し続けるなど通信が多そうなことをしなければ)。

LTE速度分を使いきっても、128kbpsや200kbpsでもパズドラのゲーム進行自体は問題なく進むといわれていますので、格安SIMでパズドラをやりたい方は、初回インストール・更新以外は心配しなくてもよいでしょう。


*今回はパズドラは初回分で120MB程度でしたが、大きなゲームだと1本で1GB以上のものもあります。大容量ゲームを遊ぶ場合はWi-Fi環境の利用をオススメします。ゲーム一本入れるだけで、1ヶ月低速になってしまっては残念ですからね。




by ke-onblog | 2014-04-23 14:12 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン