白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

au WiMAX2+スマホは7GB通信量速度制限対象 従来のWiMAXとは異なるので注意

今回の内容については、もう多くのサイトで情報が出ているので今更ですが、私にも状況が把握できたので改めてどういうことなのか解説をしてみます。

auの2014年夏モデルのスマートフォンでは、「WiMAX2+対応」という機種が登場しました。XperiaZL2 SOL25や今日発売のGALAXY S5 SCL23も対象です。

対応機種ではこれまでのパケット通信に使っている「3G, 4G LTE」とは別に、UQコミュニケーションズの持つネットーワークである「WiMAX網」が併用して使えるので、LTEの圏外でも最高110MbpsのWiMAX2+ネットワークでネットが出来るよ、というものですね。

WiMAX2+エリアはまだ都市圏のみのネットワークですが、範囲も拡大しており、恩恵に与れる人も結構いるはず。


何故今回「WiMAX2+が7GBの月間データ制限の対象になる」というのが悲報として伝えられているのかというと、これまでWiMAXの通信といえば、パケット通信とは別で「上限無しの無制限で使えるネットーワーク」という印象があったからなのですね。


実際、今でも本家UQWiMAXは「速度制限ナシは、WiMAXだけ。WiMAXなら家でも外でも使い放題」です。HWD14も将来は制限がつけられるそうですが、少なくとも今買えば25ヶ月はWiMAXでの通信は無制限、とされています。

しかし、スマホの追加ネットワークとしてのWiMAXはパケットの縛りが付き、4GLTE, 3G,そしてWiMAXでの通信量がすべて合算され、月に7GBを超えてしまうとネットは激遅になります。


WiMAX2+の無制限ルーター機能がスマホに付くんだ、という勘違いが問題なのですね。実際には4G LTEの足りていないネットワーク帯域・地域をWiMAXを借りてカバーしているよ、というだけです。

繋がり易くなるのはもちろん利便性の向上には繋がって悪いことではないのですが、常にLTEがバッチリ入ればWiMAXがあろうが無かろうがどうでもいいわけで。

スマホ向けWiMAX2+は「LTE NET」か「LTE NET for DATA」に加入すると無料で使えるわけですが、まぁその程度、あくまで無料サービスなのです。もしコレが有料オプションだったらわざわざ切り替えて使う人は少ないでしょうね。


私のスマホはWiMAX対応!だから自宅のネット回線の変わりにテザリングで使えるのか!みたいな勘違いはしないよう、気をつけてください。

「WiMAXは無制限」という中途半端な知識があると混乱してしまうな~というお話でした。




by ke-onblog | 2014-05-15 11:52 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン