白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

初Windowsタブレット購入!ASUS トランスブックT100TA レビュー

今日は火曜日ですが仕事が休みなので、先週日曜日に購入したASUSのTransbook T100TAの話しでもしてみます。

以前から欲しいと思っていたTransbook。某家電ショップにSH-04Fを見に行ったときに、傷も全く無い新品同様級の本体ストレージ64GB、キーボードドックに500GBのHDD付きモデル(型番はT100TA-DK564G)が4万円を切る安さになっていたので衝動買い(前から買おうとは思っていたので、衝動買いとは言わないかもですが)。他の中古店でも在庫があるのを知っていましたが、そこより1割ほど安かったです。

T100TAは2013年11月に発売されているので、最新機種ってわけでもないのですが、とても人気があって売り切れが続いたこともあったそうですね。

実際に使ってみて、これはなかなか良いものです。モバイルパソコンとしては。私自身、Windowタブレットは初購入(これまではお店で触ったことがある程度)なので、カスタマイズの仕方もまだ不慣れですが、ちょっとイジっていきたいと思います。やはりAndroidタブレットとは違った面白さがありそうです。


これまで私が持っていたタブレットは2012年モデルのNexus7だけだったのですが、やはり10インチタブレットはデカイ。比較するとこんな感じ(Nexus7の背面汚れてる(笑))

d0262326_1644293.jpg


タブレット部分だけの重さが550グラム。片手でずっと持っていると疲れちゃいます。Xperia Z2 Tabletが430グラムくらいでしたっけ。iPhone1台分くらい余計に重い。

キーボードを取り付ければ完全に見た目はノートパソコン。キーボードドックとあわせて1.1キロなので、Ultrabook相当の軽さではあります。

d0262326_16493097.png


タブレット・キーボードともに厚みがある(閉じた状態で10.5+14.95mm=2.5センチくらい)ので、Windows Surfaceに比べてデザインとしてちょっと野暮ったく感じます。でも、その分ハードディスクがあり、キーボードのタッチ感も悪くないです。

タブレットで使える小型のキーボードは安いもので3000円~ちょっと良いものだと7000円くらいはしますよね。そう考えると、40000円の価格の中に500GBのハードディスク・キーボードが含まれているのはお買い得です(このモデルはオフィスがプリインストではないので注意)。


CPUはインテル Z3740 1.33 GHzです。これを積んでいる他のモデルだとLenovo Miix 2 8がありますね。まだ利用時間も少ないのでそれほどたくさんの操作を試したわけではありませんが、普通にネットを見る、いろんな設定をグリグリと変更している間にストレスは感じません。

RAMは2GB。Androidなら2GBで不足を感じたことはないのですが、Windowsではどうなんだろう・・・。何もやっていない状態で、0.7GB/1.9GBなのでそこそこ空いてはいますが、あまり重いソフトはきついかな。
メモリについては今後の実利用シーンでチェックしてみたいと思います。

バッテリーの持ちは公表値でドック使用時で7.5時間くらい。タブレットだけなら16時間、HDDが無いタイプで15時間なので、ハードディスクで相当バッテリーを消費するんですね。

初期設定のアレコレ、Windows Update(たしか250MBくらい)を行って再起動したときに1時間でちょうど10%ほど減っていました。ノーパソスタイルで実用10時間は厳しいでしょう。

一部でスリープ時にバッテリーが激しく減るという現象もあるようですが、このブログを書き始める前に3時間ほどスリープにしておいても1%減っただけで、まずまずです(アプリも何も使っていないので、ほぼデフォルト状態です)。

ストレージはeMMC。読み込み速度は100MB/sくらいだそうです。HDDより速いですが、SSDにはだいぶ劣りますね。でも、再起動・スリープ復帰は素早く、特に気になりません。普通のタブレットと同じ感覚で使えます。

Flashを入れて、Firefoxを入れて、残り37.1GB/全49.1GBになっています。32GBモデルだと初期で18GB程度だそうですから、まぁこんなものかな?という感じ。余計なファイルや設定を変更すればもう少し空けることは出来ると思いますが、せっかくハードディスク付き・64GBモデルにしたので面倒なことは問題が出てから触ることにします。


不具合や評価はいろんなサイトで既出かもですが、レビューをしようと思って気付いたイマイチな点として、T100TAはスクリーンショットがとりづらいですね~。多くのタブレットと同様に本体左側(縦にすれば上)にある音量ボタン下とWindowsホームボタンを同時押しでスクショが撮れるのですが、ボタンが近くて2本の指では押しにくいし、なんか、硬いです。物理ボタンが全体的に安っぽいんですね(実際に安いので仕方が無いといえばそれまで)。

キーボードに繋いでいればPrtScでコピーできるので楽ですが、タブレットスタイル時にはスクリーンショット撮るのは面倒です。それほど使用頻度のある機能ではないかもですけれど。

タブレットとしてはちょっと不満点が多いですが、ノートパソコンとして、そしてコストパフォーマンスの観点からは今のところ満足できる出来です。


初回レビューはこのくらいにしておきましょう。すぐにT100TAのことをもっと知りたい場合は、ネットで探せば詳しいレビューはいくらでもありそうですけど、このブログのレビューも一応次回に続きます。

あと、ディスプレイの指紋が目立つ・光沢の映りこみも気になるので、アンチグレアタイプのフィルムを買ってこよう。


最後にPRとして、ネットで新品を買うならヤマダ電機の「ヤマダウェブコム」が安いです。価格.comで比べてもほぼ最安値でポイントが付きますから。32GBモデルで37,150円~。


by ke-onblog | 2014-05-27 17:45 | T100TA | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。