白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

売り切れ続出のモバイルノート ASUS VivoBook X200MAとは?

先月モバイルノートパソコンが欲しくてASUSのTransbookを購入しのですが、同じくASUSの製品でVivoBook X200MAというモデルがパソコンショップで売り切れ続出になっているそうです。

実際、某価格比較サイトで最安値になっているヤマダ電機とノジマのオンラインショップでは売り切れになっており、次回入荷7月分の予約在庫しかありませんでした。

☆「ヤマダ電機
☆「nojima online(ノジマオンライン)

もちろんASUSの公式ショップにも在庫なし。すごい売れ行きみたいです。その人気の秘密はずばり「安さ」でしょう。

【8月18日追記】:アマゾンでは予約無しで買えるようになってきました。価格も4万円弱で落ち着いています。

☆「Amazon ASUS X200MAのページ

VivoBookの今日の最安値は税込みで40055円。11.6 インチのモバイルノートとしては最も安いといっても過言ではないレベルでしょう。

しかもスペックは最低レベルというわけでもなく、Celeron Dual-Core N2830 2.16GHz, RAMは4GBあります。ストレージがハードディスク750GBというのは容量は十分ですが、ここは出来ればSSDを積んでほしかったところですね。60とか80GBでもいいからSSDに換装して使ったほうが快適でしょう。

重量は1.2kg。ちょうどTransbook T100TAと同じくらいですね。これはノートパソコンなら十分な軽さだと思います。タブレットだと思うと500グラムでも片手で持っていると重いですが、X200MAはノートなので置いて使うでしょうし、持ち運び用には向いていますね。これで重いと感じるなら超軽量級Ultrabookなら1キロを切る機種もありますが、価格は2倍、3倍を覚悟する必要がありますね。

ちょっと気になるのはWindows8.1を搭載していながら、液晶がタッチパネルじゃないこと。ノートだと思って使えばいいのかもしれませんが、やっぱりWindows8のアプリではタッチパネルのほうが便利な機能も多いですよね。ペイント系アプリは断然タッチパネルのほうが操作しやすいです。Fresh paint面白い。


私の買ったTransbookと比べてVivoBookに感じる魅力は「CPU性能」「RAM 4GB」、この2点に尽きますね。私はTransbookの「タブレットとしても使える」という点に惹かれて購入を決めましたが、もう少しハードにノートパソコンとして使うことを考えればVivoBookを買ったかもしれません。いや、別に後悔とかしてませんから(棒読み)

USBポート数が多いのもちょっとうらやましいですね。Transbookはキーボードドックに1個USB3.0があるだけなので常用するならハブがないと寂しいです。

4万円のサブノートとしては圧倒的なコストパフォーマンスなところがばか売れの理由でしょう。確かにこのスペックで4万円は安いです。5万円だったら悩む、6万円だったら要らないレベルって感じですね。

Transbookのキーボード分離しなくて良い・タッチパネル要らない・CPU・RAMをもっと高性能に・4万円以上は出せない、という人はVivoBookでしょう。タブレットとしても使いたい人はT100TAを選びましょう。便利ですよ~。


by ke-onblog | 2014-06-12 10:41 | T100TA | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン