白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

新規・MNP一括0円で投売り続くiPhone5c でも白ロムは値下がりしない

最近は特に目新しい案件もないですね。ドコモの春モデルの一括0円やauの旧モデルの一括0円キャッシュバック案件などは見つかりますが、どれもこれも標準レベル。条件が厳しくても奇抜なセット販売などがあると紹介してみたくもなるのですが・・・

それはさておき、近頃再び安く売られている機種としてはiPhoneの廉価版、iPhone5cが目立ちます。auとソフトバンクのモデルは新規でも一括0円案件がいっぱいあります。MNPならキャッシュバックが付くショップもありますね。

一方でかなり長い間投売りが続いているのに、白ロムの価格相場はあまり安くなっていないのですね。あわよくばauのiPhone5cを安く買えないかな?とヤフオクを見てみても、結構落札価格は高めのままのようです。

完全な未使用品、残債なしの白ロムだとキャリアにもよりますが、落札価格は3万円~3万5000円くらい。これって定価よりは安いですが、投売り機種の価格ではないです。同じく投売り機種のauのFJL22なら1.5万くらいで買えますし。

一括払い済みの中古でようやく25000円くらい。分割中(制限△)のものなら2万円くらいでも落札実績がありましたが、やっぱりLTE使えなくなる可能性がある端末は今時ちょっともの足りなくなりますからね。特にauのmineoで使うなら絶対に制限が掛かってはマズイです。Wi-Fiオンリーなら何でもいいですが、それならiPod touchでも変わらないですからねぇ。

これはやはりiPhoneのブランド人気、ってことなのでしょう。安く手に入れられるチャンスがあるなら本体転売による利益率は他の投売り機種より断然高い。キャッシュバックが多く付いた本体の安い機種か、本体が高く売れるiPhone5cか、どちらを選ぶかは戦略次第でしょう。


ちなみに、iPhone5c 16GBの値段で言えば今はソフトバンクが最も安く、ドコモが異常に高くて論外。SBでの一括が39960円なのに対し、auは55,080円、ドコモは62,208円です。サポートに違いがあるとはいえ、ここまで差がつくと違和感がありますね。

いつまでauとソフトバンクのiPhone5c投売りが続くのか、ドコモは投売りにはこのまま参加せずに終わるのかは市場の値動きをよくチェックしておきましょう。白ロム転売をするにしろ、白ロムを買うにしろ出回っている数次第で取引価格が動きます。タイミングを逃さず売買をしましょう。

今は売り手市場といった様相ですが、投売りがさらにヒートアップすれば安く買うチャンスも出てくるでしょう。


by ke-onblog | 2014-06-13 19:38 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。