白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

プリモバイルMNP弾の寿命を延ばすためにセブンイレブンでプリペイドを購入

ソフトバンクのプリペイド方式による携帯電話「プリモバイル」は新規に作るMNP弾としてとても優秀ですが、有効期限があることが白ロム転売を行ううえで重要なポイントです。

現在のプリモバイルでは、チャージ残高の有効期限は60日+360日間の電話番号有効期限があります。

現在私もプリモバイルを2回線(個人名義ではプリモバイルは1人2回線までしか持てません)持っており、1回線は先月で1年を過ぎてめでたく「MNP弾」に熟成しています。

本来であれば主回線・家族回線とあわせて複数台MNPを狙っていたのですが、都合により見送りに。しかし、このまま放置してはあと数週間でせっかく作ったMNP弾が水の泡に。


仕方が無いので、プリモバイルの追加チャージを行うべくコンビニに行ってプリペイドカード(実際はただのチケット用紙)を買って来ました。私自身ではソフトバンクのプリペイドは初購入でした。

ソフトバンクのプリペイドはソフトバンクショップを始め、多くのコンビニで買えます(詳しくはプリモバイル ご利用とお手続きを参照してください。購入できるショップの一覧があります)。オンラインショップでも買えますが、今回は手っ取り早くセブンイレブンに行ってきました。

液晶画面の付いたコピー機(マルチコピー機)でトップ画面の右側中央くらいにある「プリペイドサービス」→「電話」→「ソフトバンク プリペイドID」みたいな感じで選んでいくと、3000円と5000円のプリペイドカード購入画面に進めるので、枚数を確定して決定します。するとバーコードの付いた用紙が印刷されて出てきますので、これをレジに持っていってお金を支払うだけです。所要時間は3分も掛かりません。

d0262326_1826866.jpg


上記写真の店員に渡されるチケット状のものに「プリペイド番号」が記載されているので、これを「1400」に電話して自動音声に従って番号を入力するとチャージ完了です。

今日購入したプリペイドカードの有効期限は2017年6月。中途半端な期限なのですが3年弱(2年と350日)もあるので、何かのついでに購入しておき、電話番号有効期間ぎりぎりに追加できますね。

プリモバイルはクレジットカードからの引き落としによるチャージも出来ますが、煩わしいクレカ・口座指定なしで買えるのがプリモバイルのメリットの一つだと思います。


去年プリモバイルを仕込むときには「6-7月頃にはiPhone5sが安くなっているであろうと読んで購入したのですが、ピークは3月でプリモバ作戦は間に合いませんでした。1年後の相場を予想するのは難しい(笑)


今回のチャージでまた420日分の番号有効期限が追加されました。チャージ時に残っていた番号有効期限にプラスではなく、チャージ日から起算して420日分になりますので、チャージはギリギリまで待つほうがお得です。

3000円、プリモバイルの番号から電話をかけることなんてほとんどないので無駄な出費でありますが、あと1年2ヶ月の間でいつでもMNPできる弾が確保できたという状況は悪くありません。

最初の有効期間でMNP転出できればベストですが、もし良い案件にめぐり合えない・他の回線と時期をあわせたい場合にはリチャージも検討してみると良いでしょう。ほんの1日購入がずれるだけで1万円キャッシュバックが増えた、なんてザラにあることなので(逆もまた然りなのが難しいところですね)。



by ke-onblog | 2014-07-03 18:47 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。