白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

腕時計の電池を自分で交換してみた 格安で交換ができる!

最近ではスマートウォッチなんていう高性能なシロモノも登場していますが、個人的には「時計は時計」の機能があれば十分・・・

時間は携帯やスマホでチェックするから時計なんて要らないという人もいるかも知れませんが、私は結構腕時計は好きです。今後は解禁になるという話もありましたが、飛行機の中で時間をチェックするにはやっぱり腕時計がいいですね。


そんな腕時計ですが、私はクロノグラフ(ストップウォッチ機能がついたヤツ)が好きで、多くは安物ですが10本くらい持っています。しかし、そのうち半数くらいが電池切れになっており、長年放置状態。

何故放置していたかというと、電池交換の代金が高かったから。1本1万円以下で買ってきた腕時計なのに、電池交換をするために3000~5000円くらい掛かるといわれたのです。

普通の腕時計なら500~1000円くらいで時計屋さんですぐに交換してもらえるものもありますが、クロノグラフはほとんどが深い水圧に耐えられる防水仕様になっているため、その場では電池交換ができずにメーカー送りになるから高いのだそうです。

良い時計はそれでもプロに頼んで交換しているのですが、今回初めて実験の意味もこめて、自分で電池・交換用器具を手に入れて電池交換をしてみました。


自分で腕時計の電池交換をする。実際にやってみて、思ったよりも交換自体は簡単。電池交換に必要な器具はアマゾンで買いました。

↓コレです。今回の電池交換につかったのは1つの器具だけですが、腕時計のバンド調整用ピン抜きもよく使います。

腕時計工具 20点 セット(バンド調整 電池交換)

新品価格
¥980から
(2014/7/7 00:08時点)



腕時計電池交換の方法はタイプによりますが、私の所有する時計はすべて「スクリュー式裏蓋」でした。蓋の周囲に器具を引っ掛ける凹みがあるので、そこに写真の器具を合わせて回すだけで蓋が外れます。

d0262326_0114656.jpg


蓋を外すとき、結構ちからが要ります。溝が深いわけではないので、手が滑ったりして時計を傷つけたり、手を怪我しないように気をつけてください。

時計の中には防水のための黒いゴムパッキン、白のプラスチックのパッキンが入っていました。これも交換したほうが良いのかもしれませんが、今回は交換品がなかったのでそのままに。防水性能が落ちる可能性がありますが、それも覚悟の上でのセルフ電池交換です。

d0262326_016697.jpg


上記は確かどこかの駅で買った2,3千円くらいの安物時計。それでも電池交換に3000円くらい掛かるといわれちゃいました。でも自分で交換すれば電池代金は1個100円もしません。

この時計はマクセルの1.55V SR621SWという腕時計用酸化銀電池が使われていましたので、同じものを購入。家電量販店でも売っているのですが、そちらは1個で400~500円くらいして高かったのでネットで入手しました。

日立マクセル SR621SW(364) 時計用酸化電池 1シート【5個入り】 マクセル maxell

新品価格
¥398から
(2014/7/7 00:18時点)




もう少し大振りのクロノグラフはSR920SWというもう少し大きな電池が使われていました。こちらも交換。
d0262326_020155.jpg

d0262326_0211489.jpg


電池の固定のされ方が時計によって違っており、プラスチックの枠で抑えているものや土台から金属片が延びており、これでさせているタイプもありました。支えを折らないように気をつけて電池を外し、新しいものに入れ替えます。

入れ替えるとすぐに時計は動き出しました。数年ぶりに時を刻み始めた時計に満足しました(笑)電池交換はとても簡単で、この他3本の時計を一気に電池交換をしましたがすべて無事に動き出しました。

所要時間は1本あたり5-10分くらい。パッキンなどをなくしたり、余計なパーツを弄ってしまったりしなければ電池交換だけなら簡単なことが多いようです。


ただ、このあと1つの時計だけ問題が。一番上の安物のファッション時計の竜頭が回らず、時間が合わせられなかったのです。

そして工具セットに入っていたドライバーで強引に引き出したところ、竜頭の頭部分が外れてしまいました・・・。よく見ると竜頭周りがさび付いており、折れてしまっているようでした。

仕方が無いのでもうどうにでもなれ、という感じで再び蓋を外して中身を取り出し、竜頭が繋がっているネジを直接ピンセットで回して時間を合わせてやりました。これからは時刻合わせのたびに時計をばらさなくてはならなくなりましたとさ(笑)


竜頭の破損はオモチャみたいな時計だったからだと思いますが、時計はやっぱり精密機器ですね。お高い時計の場合はプロに頼み、しっかりとメンテナンスをしてもらうのが良いでしょう。

しかし、壊れてもいいような安物時計の場合は自分で電池交換をしたほうが断然オトク。手間を惜しまない人はやってみてはいかが?自分で弄るのは楽しいですよ~
by ke-onblog | 2014-07-07 00:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。