白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[2回線MNP]au HTC J Butterfly HTL23と新isai LGL24で一括0円CBアリ

auの新機種は本当に安くなるのが早くなりましたね~。旧機種とのセットではなく、最新スマホ同士ですら分割無しの一括0円です。

先週発売されたばかりのHTL23。昨年モデルのHTL22が投げ売り機種だった印象が強すぎて、HTL23も数ヶ月もすれば投げ売りになるだろうからしばらくはスルーかな、と思っていました。

でも、セットではありますがこの段階で一括0円が出てくるとなるとちょっと話は変わりますね。市場流通の絶対量が少なければ転売しやすいですから。人気モデルで無くとも、発売直後はそれなりに高値で白ロムは売れます。

対象ショップ:「 テレウェーブ緑園都市店

横浜にあるテレウェーブでの明日5日からのセール情報ですね。

auへの2台同時MNPが前提で、isai FL LGL24とHTC J Butterfly HTL23の同時購入で本体一括0円にキャッシュバックも10000円付き。

夏モデルの中でも発売の遅かった機種同士でこの価格はなかなかのものかと。まぁ、個人的な意見を加えるなら、どちらも投げ売りされても仕方がの無いような微妙な端末であるとも思っているのですが(デザインがちょっと・・・あくまで個人的な好みの問題ですけど)。

契約の条件は少々厳しめ。auオプション多数にコンテンツも16個必要です。維持費はかなり高いものになるでしょう。即解約を前提に手に入れるならキャッシュバック無しで良いからコンテンツを無しにして、即転売に回す作戦が良いかも知れません。

HTL23を今すぐ売るならヤフオクを推奨。というのも、さきほど白ロム専門店の査定情報が無いかチェックしてきましたが、まだ買取情報がないところばかりなんですよね。

もちろん問い合わせれば売れるのでしょうけれど、私がショップ側だったらHTL23には高額はつけがたいと思ってしまうので。特にHTL22の安さを知っているショップなら尚のことです。 


LGL24もHTL23も、どちらもたぶん白ロムの人気はそれほど出ません。iPhone6やXperiaZ3の発売が控えたこの時期では、この2機種では太刀打ち出来ないでしょう。中途半端な時期に手に入れては転売は難しいですが、発売直後のこのタイミングのみは利益が出せる可能性があるのではないかと考えます。

今を見送るなら次は来年3月くらいまで見送って、本格的な巨額キャッシュバック付き投げ売りセールシーズンを待ちましょう。
by ke-onblog | 2014-09-04 18:13 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。