白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[iPhone5s転売に注意]急激な白ロム相場下落発生中 一括0円でも安直に契約しないように

ネット広告を見ていると9月に入ってから急激にiPhone5sの一括0円情報が増えており、「これはチャンスだ」と思っている方も多いと思いますが、セールの割安感から適当に契約してしまうと大変な目に遭うかも知れません。


自分自身でiPhoneを利用したいのならばいっこうに構わないのですが、本体を白ロムとして転売することを前提に入手する場合、iPhoneの売却額の調査も怠ってはいけません。近くに高額買い取り店がある場合、ネット買い取りを利用する場合、オークションで自分で売る場合もありますが、相場を理解していないとせっかくの転売行為も利益が出せずに終わってしまうこともありえます。

そして今、9月に突入してから毎日のようにiPhone5sの買取相場が下落していることを確認しておかなければなりません。

9月2日、「みるみる下がっていくiPhone5sの最高買い取り額 速攻で最も高く売るには?」という日記を書きました。その時点でiPhone5sのネット買い取り(iPhone55!)では16GBが最高45000円でした。しかし、昨日9月4日時点では42500円、さらに9月5日本日の査定は41000円まで下がっており、1000円減額/1日より早いペースで急落中なのです。

iPhone55の41000円の査定はこれでも全国どこからでも注文できるショップ買取としてはトップクラスだと思います。他店ではもう2万円台まで落ちているところすらありますね。

また、買取リストが更新されていないショップでも、実際に買取に出してみるとわずか1日や2日の差で何千円、下手すれば1万円以上の減額もあり得そう(申込時の価格保証をしているショップを利用するのもありです)。

ほんの1-2週間前まで5万円以上で売れたiPhone5s。先月よりも販売価格が1万円安くなっていたとしても、転売での利益は下がっているということですね。

iPhone5sは今後ますます値下がっていくことでしょう。iPhone5sの転売に挑戦する場合には、3日前の情報はすでに当てにならないと考えた方が良いです。特に入手後~売却までをできる限り短い期間で処理することが大切です。

とはいえ、焦りすぎて有料コンテツの契約条件やキャッシュバックの期日などの確認を忘れないようにして下さい。案件の比較をする場合は古い情報と比べるのではなく、最新の売却利益見込みとコストを算出して優れたものを選び出しましょう。



by ke-onblog | 2014-09-05 18:21 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。