白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクでiPhone5s値下げ 転売するなら今スグ!or 期間を開けるべし

iPhone6の登場に伴い、予想通り旧モデルのiPhone5sが値下げされましたね。

発表前にチェックした価格はiPhone5s 16GBでau 55,080円, ドコモは72,576円, SB 70,080円でした。

auとドコモは今日も価格はそのままですが、ソフトバンクが59,040円まで11,040円の値下げです。アメリカでも2年契約で99ドルに値下げされているので、ちょうど同じくらいですね。これでソフトバンクは2年以上の継続回線でスパボに入れば機種変更でも実質0円になりました。

☆「ソフトバンクオンラインショップ


iPhone5sについては、今後も在庫が続く限りは販売が継続されるそうです。追加製造しているのかどうかは知りませんが、iPhone6, iPhone6 Plusとはサイズ感が違うため、このまま作ってくれたほうが嬉しいですね。

この公式値下げを受けて、今日そして今週末はソフトバンクのiPhone5s投げ売りがさらに加速されることが予想されます。本体が安くなる・キャッシュバックの増額もありそうです。

値下げされるのは結構なことですが、転売目的で手に入れる、あるいはすでに入手している方はスグに手放すせるように動くべきです。新機種発表を受けて、旧機種のオークション相場・白ロムショップの買い取り査定は一気に厳しくなると予想されます。

白ロムショップだと来週には1割、2割といったレベルで買取価格が下がっても不思議ではありません。iPhone55!の査定は9月10日時点で発表前と同じ41000円になっていましたが、これもいつ崩れることかわかりません。中華系買い取り店でも今は4万円台前半が最高になっています。


すぐに売りたいなら今スグ、というのはそうなのですが、一方で市場の白ロム在庫が切れてくるまでキープするという戦略も無しではありません。いきなり先の主張を翻すようではありますが、白ロム価格は稀にあとから上昇することもあるからです。

iPhone5cだとスペック的に将来人気が出るとは思えませんが、5sならば半年~1年後くらいでもまだ需要があると予想され、その頃に完全未使用の状態の良い白ロムが少なくなっていれば価値は下手に相場の下がった時期より高く売れる可能性が残ります。

すぐに売るのか保存するのかはギャンブルです。査定を出して利益が確保できそうなら売ったほうが良いですが、トントンにしかならないような状況になってしまうようならキープする(あるいは自分用に使ってしまう)のもありでしょう。状況にあわせて臨機応変に活用したいところです。



by ke-onblog | 2014-09-10 19:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。