白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

So-netが格安SIMスマホセットでZTE Blade販売 スペックは悪くない

ネットプロバイダーとして知られるSo-net(ソネット)のMVNOサービスの一環として、音声付き格安SIMとスマホ本体のセットが月額2480円から使えるサービスが出ていますね。

もうちょっとこの手の格安スマホセットも目新しさは無くなってきましたけど。回線はよくあるドコモ回線を使ったものですがSo-netの端末はちょっと面白いかも。

セット販売される機種は「ZTE Blade Vec 4G」という4G LTE対応の2014年モデルです。

飾り気の少ない、なんかどこかで見たようなデザインですがシンプルで、私は結構好みかも知れません。Xperia Mっぽい。この縞々な感じはMotorolaのRAZRシリーズを彷彿とさせますね。

本体のサイズは液晶5インチ(HD)の縦 142.3mm ×幅 70.4mm ×厚さ7.8mm。最近は格安スマホでもここまで薄いんですよね。重量も132gと5インチクラスにしては軽い。

バッテリー容量は2300mAhなのでそこそこでしょうか。ハイエンド機の3000mAhクラスと比べては行けませんが、2012-2013年モデル相当だと思えば十分でしょう。安いし。

メインカメラは800万画素。高性能とは言えませんが、実売1万円台のSIMフリー機種なら上々でしょう。少なくともスマホ上で写真を表示させるだけなら綺麗に見えるレベルです。フロントのサブは100万画素なんでちょっと粗いです。でもサブカメラなんてほとんど使いもしない人のほうが多いでしょうから、妥協が必要なところ。

CPUは1.2GHzクアッドコア、RAM1GB, ROM 16GBです。注意したいのはmicroSDカードが入らないこと。格安スマホをガンガン使う人なんてそうは居ないと思いますが、あまり沢山のデータを保存しながら使うのには向きません(クラウドサービスを使うという手もありますけどね)。

ソネットではこのスマホ(希望小売価格29800円)と音声通話+1.5GBのデータ通信「So-netモバイルLTE+Talk S2」がセットで月額2480円ということです。まぁ、ありがちな価格です。

回線が1890円なので、端末代金は月額590円の分割24回で14160円ですね。5インチのLTE対応SIMフリー機種がこの価格なのは悪くありません。

で、このセットの割安感があるところは「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」が無料で使えるようになることです。契約中は月額500円ほどのこのセキュリティソフトが5台分パソコンやスマートフォンにインストールできます。普通にライセンスを購入すれば1年で4,980円ですから、2年分で約1万円分のセキュリティが付いてくると。

どこぞのショッピングモールで売っていたNexus4のセットより数倍は利用価値のありそうなセットではあります。

ZTEのスマホということでいわゆる「中華スマホ」の格安機種セットですが、最近の格安スマホセットの中では「5インチでLTE対応」「セキュリティソフト付き」という点で優れていると言えるでしょう。


by ke-onblog | 2014-09-18 11:39 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by あか at 2014-09-18 13:19 x
先生こんにちは(^^)
iPhone5S 2台で85000円で売ってきました
明日から下がりそうなので
結局今回も自分では使わなかったです(笑)
Commented by ke-onblog at 2014-09-18 13:27
あかさん、こんにちわ~

1台42.5kならなかなかの高額ですね!お疲れ様でした^^

ここ数日は落ち着いているようですが、査定は明日から下がりそうですね。たとえ人気は変わらなくても「型落ちした」という事実が相場には大きく影響しそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン