白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

白ロムの転売先はヤフオクorショッピングストア出店のどちらが有利?

月に1台や2台の白ロムを転売するだけならヤフオクが最も手数料が安いのでしょうけれど、もう少し売上が大きくなる場合はヤフーのショッピングストアとしての出品のほうが有利な可能性があるのかな?と疑問に思ったので、調べてみました。


ヤフーのショッピングストア出品は昨年から月額の固定費やロイヤリティを「0」にするという大幅な価格改定が行われたため、個人でも利用しやすくなっています。ネットショッピングサイトだと他にも楽天やアマゾンもありますが、小規模にやるのならヤフーショッピングが一番費用が掛からないようですね。大手ショップはそれぞれにすべて支店を出すようですが、個人の場合はまずヤフーから入ってみるのが良さそうです。


ヤフーショッピングでストアを出す場合、法人・個人事業主の場合は「プロフェッショナル出店」と「ライト出店」、個人での登録は「個人出店」となり、使えるツールに違いが出たりします。
d0262326_10295986.jpg

☆「Yahooショッピングストア 出店のご案内

それぞれの出店形式で支払いに使えるクレジットカードの種類が違ったり、カード決済手数料の利率が異なります。

掛かるコストとしてはプロ<ライト<個人 の順番で小規模の方が割合は高くなりますので、大規模にやったほうがお得では有りますが、個人でも結構安く出店が出来ます。


サイト上で掛かる費用のシミュレートが出来るのですが、ライト出店で月額50万円分の売上を出した場合、下記のようなコストが掛かります(Tポイント・アフィリ報酬原資を1%とする)。

・Tポイント付与分の原資負担 5000円
・アフィリエイトパートナー報酬原資 1500円
・アフィリエイト手数料 450円
・決済サービス個別手数料 16200円

上記合計に8%消費税を加えて、25002円となりますね。これは売上50万円に対してですから、割合は5%です。送料無料で売るなら、その費用は別途掛かりますがヤフオクの5.4%をわずかですが下回ります。

売上50万円というのはスマホ白ロムなら10台くらい売買するだけで超えてしまう額です。SIMフリーの
iPhone6 Plusならたった5台でもこのくらいですよね。

ここでプロフェッショナル出店を選ぶと、同じ売上条件だとして手数料は14,124 円まで下がります。これで2.8%です。やっぱり圧倒的に安いですね。

個人・ライト出店ではあまりヤフオクとの違いはありませんが、固定価格でたくさんのラインナップを用意して売りたい、白ロム以外の輸出入ビジネスも平行して行いたい場合にはストアの方が売りやすいということもありそうでした。規模が大きくなるほど、ヤフオクよりも安定した売買が出来るのがストアの強みのようです。


そしてヤフオクとショッピングストア出品の最大の違いは、本名を出す必要があるかどうかでしょう。ヤフオクで1つ2つと売っているだけならバレないと思いますが、ストア出品をするなら確実に古物商許可証が必要です。そして特定商法取引法に基いて事業名や連絡先などを明記しなければならなくなります。副業の域を完全に超えますので、会社にバレずにやっていきたい、というようなサラリーマンの方はストアはやめたほうがいいですね。

プロフェッショナルの方は自由度が高い反面、設定に時間が掛かったりするので個人向けでは無いです。ニュースレターの配信が出来たりクーポンを出したり出来るのでマジな白ロムショップを経営したい場合はいいですけど、やっぱり個人レベルでは使い道がないかも知れません。


古物商許可証は警察署で所定の書類提出と申請書を書いて、提出すれば基本的だれでも取得できます。手数料は19000円ほど掛かります(代行業者もあるようですが、そんなに難しいことではないので自分で出来るはず)。

転売目的で仕入れる場合、「業」として売買をすることになるため少額の個人取引でも取得しなければならないので、継続的に転売をやっていきたい方は最寄りの管轄警察署に相談に行きましょう。申請は警察署の防犯係が担当していることが多いです(窓口に行けばどこで申請が出来るか教えてくれます)。


こんな感じで転売・輸出入ビジネスをやるためにはストア出店も考慮する価値があります。個人規模ではやっぱりヤフオクは楽で良いですが、古物商のことも含めて副業レベルを超えて新たにビジネスを拡大していきたい方はよく考えてみてください。


by ke-onblog | 2014-10-23 10:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。