白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

10月頃からauのBL条件が厳しくなった?契約拒否事例が多発中

以前からちょっと耳には入ってきていたのですが、10月、そして11月になってからauの総合判断・ブラックリスト入りをしてしまったという方が増えているようです。

調べてみると、どうやらauで短期解約(MNP転出を含む)を行った方が再度auへ新規契約・PIを試みてお断りされた、という事例がほとんどのようです。

これまでブラックリストといえばソフトバンク、というようにBLの事例を調べても出てくるのはソフトバンクのケースがほとんどでしたが、auでも条件が厳しくなったようですね。


詳しくauのBLボーダーを調べてみようか・・・。以前ソフトバンクのBL条件について考察(ソフトバンクの総合判断(BL) 契約拒否の事例・考察)しましたが、調べるの大変なんですよね(笑) 読者の皆様からたくさんの情報を頂いて状況の整理も進みましたが、それでもまだBL境界線を見極めるのは困難なのです(確実にアウトになりそうな移動法は推測できるようになりましたけど)。

【追記】ちょっと状況をまとめてみました→ [2014年11月]auのブラックリスト条件・事例考察

auでの短期解約というのは、「120日」というのがひとつのキーワードになっているようです。これを超えずに契約を解除した場合、1~2回線の解約でもBL入りとなる模様。その後は3~6ヶ月間でブラックリストが解除されるということです。

半年で解除ならauからPOしたとして、他社で2年しっかりと利用して(あるいは寝かせて)auに戻ってくるならば特に支障は無いレベルなので、深刻なものではなさそうです。回線をギリギリまで埋めて、90日や120日でグルグル回していく予定だった方はちょっと気をつけて下さい。

ソフトバンクの場合は1年以上維持した回線を複数台解約(2年縛りの途中)でも総合判断となる流れなので、それよりはauの方が緩そうです。


au回線を解除・追加契約を行う場合はこれまでの安全基準を見直す必要がありそうです。今BLになると次の年度末セール時期に響くので、こちらも要注意です。



by ke-onblog | 2014-11-18 18:52 | 白ロム転売法 | Comments(4)
Commented by メロンクラス at 2014-11-19 12:40 x
こんにちは。
先日ソフトバンクBLの件でコメントさせていただきました。
今回はauのBLの記事とのことで、現在auBLの為コメントさせていただきます。
先月auBL(短期解約がある為契約お断り)宣言された時の事です。

au契約内容
前提として・・・
全てクレカ払い及び全回線一括請求払い
スマートバリューの契約無、契約当月にLTEフラット及びLTEネット廃止。翌月より最低維持費である1,011円での維持。

私名義
5/30PI → 10/25切断 維持日数148日
6/29PI → 10/25切断 維持日数118日
8/24PI 保有中
8/24PI 保有中
9/28PI 保有中
上記内容で10/26にPIしようとしたら「短期解約がある為」という理由でお断り。
これ以前に90日~140日前後で回している回線もあり。

妻回線
5/30PI → 10/25切断 維持日数148日
6/29PI → 11/9PO  維持日数133日
8/24PI → 保有中
8/24PI → 保有中
9/28PI → 保有中
上記内容で10/26のPIは成功。
これ以前に90日~140日前後で回している回線もあり。
11/9に133日回線POしているので、次回契約出来るかは不明です。

母回線
3/15PI → 6/15PO 維持日数93日
3/15PI → 6/15PO 維持日数93日
7/27PI → 保有中
7/27PI → 保有中
8/24PI → 保有中
9/28PI → 保有中
上記内容で10/26のPIは成功。
3/15のルーターを3/22に即解の経歴あり。
その後6/29にPI試すも当然BL。


ちょっと端折ってますが、大体こんな感じで回してました。
上記の回転で私のみがBL判定になったので、恐らく10/25の切断型118日維持の回線がau審査基準に引っかかったのでしょう。
今後は120日以上を維持しながら回していきたいと思います。
ただ、同じ番号で「いって来い」してるので、もしかしたらそういう所も審査基準として見ているのかもしれないですね。
今後はドコモからPOする回線は番号変更して真っ白な番号でauやソフトバンクにPIしようと考えてます。
Commented by ke-onblog at 2014-11-19 12:56
メロンクラスさん、こんにちわ^^

またしても非常に詳しく判りやすい情報提供、ありがとうございます!

最近頻発しているauBLは120日基準がありそうということはネット上にありましたが、メロンクラスさんの事例でも当てはまっていそうですね。奥様の133日回線がセーフなのかどうか気になるところですね^^;

auでは今のところ単に維持日数だけを審査しているようなデータが多いです。SBでは過去の移動状況・パケット定額プランの契約・通話の利用状況なども総合して判断していそうな事例を教えもらったことがあります。
たくさんの回線を同一番号で回し続けるのは今後少し気をつけたほうが良いというのは、私も賛成です。

キャリア側もいろいろと対策を打ってきているようなので、なんとか回避策を事前に予想して渡り歩きたいものですね。
Commented by rkb4325577bit at 2015-03-08 22:28
私の場合は少しイレギュラーなので参考にして下さい。 東北大震災の影響で会社を倒産し自身も含めて破産申請(全ての携帯電話キャリアー契約有りで その他 金融機関など) 2014/7月 に破産免責許可決定のち 免責許可確定後の携帯電話キャリアー の対応。駄目元で純新規契約 ソフトバンク 2回線 開通OK 銀行引き落とし契約 。 AU 預託金5万円 。 docomo は 預託金 10万円 。 Yモバイルはカード契約なら可能 。 ソフトバンクは iPhone5C 開通後 1ヶ月と1日 で 機種変更が出来る事を聞きましたがカード限定との事 。 駄目元で ジャパンネット銀行VISA デビットカード で誤魔化したら審査通りましたが 一括払いと回答。 その後は 2015年の現在に至るまで絶賛総合判断中! 総合判断の理由は多分iPhone5Cの短期機種変更が原因かも。 AUについては5万円支払ったのち預託金を払うのは馬鹿らしいと思い即短期解約。 その後は喪が空ける迄4ヶ月かかりました。喪が開けたのちAU トライ 預託金覚悟で申し込み 3時間待ちで無事開通。 流石にdocomoの預託金10万はきついので諦めました。 ソフトバンクの総合判断は長い人で2年と噂で聞きましたので、この際今あるソフトバンクの回線からAUに乗り換え様と思います。 もうハゲ携帯電話は良いかな! 破産した人参考にして下さい。 尚 AUの割賦契約は摩訶不思議出来ました。
Commented by ke-onblog at 2015-03-09 00:30
>rkb4325577bitさん、コメントありがとうございます

破産申請後の携帯契約・クレジットカード契約等は詳しい報告例も少ないため、具体的な実体験はとても貴重だと思います。
SBで短期間で機種変更をされたそうですが、料金さえ払っていれば通常は短期解約扱いにはならないはずですので少々不思議です(違約金の発生するプラン変更をしていない場合)。
au委託金発生後の喪明けも4ヶ月という情報も珍しいケースで、とても参考になります。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン