白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ツタヤとイオシスが新スマホ事業 新しい端末で格安SIMセットが来そう

12月1日、レンタルショップで有名なツタヤ(TSUTAYA)が新しくスマホ事業に参戦するために「CCCモバイル」という企業を立ち上げました。これはなかなか面白いことになりそうですね。

今となっては異業種が「スマホ事業」に参加するのは珍しくもないと思われるかも知れませんが、CCCモバイルの場合は単なる格安SIMサービスに参戦するというだけでなく、同時に中古パソコンショップとして有名?なイオシスが資本・業務提携をしている点に注目です。


イオシスはこのサイトでも激安の中古パソコン情報を何度もお伝えしたことがありますが、あんな感じで質はとにかく、そこそこ使えるものを価格破壊的な値段で提供するのが得意なショップです。中古や新品のスマホ、携帯電話の販売もやっていますね。SIMフリーのiPhone6/6+を定価を超える高値で買い取っていたことも記憶に新しいです。

今は売っていないと思いますが、過去にはiPhoneそっくりな「ioPhone」というパクりAndroidスマホを販売していたこともあり、スマホ本体の販売のノウハウは十分に持っているでしょう。こうやって企業が大きくなっていくと、ああいったジョーク系機種はもう出せないと思いますが(笑) あれは訴えられるレベルでしょうし。


まだ昨日の発表ではどこのMVNOになるのかまでは言及されていないのかな?おそらくドコモ系列になると思いますが、他社に負けないプランで追随するとしていますので、それなりに期待できそうです。

格安SIMサービスを提供するサービスではZenfoneのASUSやLG,ファーウェイ、あとは一般人は聞いたこともないような中華SIMフリースマホをセットにしていますが、ツタヤもそういった海外メーカー製の安価なスマホを用意してくると思われます。

既存の端末では本体価格も通信料も似たようなレベルでの争いとなることが多いですので、是非ツタヤには一歩先をゆくプラン・端末を出して格安スマホ業界をリードしていって欲しいですね。そして他社がさらに追いかけて値下げ競争が加速すればユーザーとしては歓迎です。

企業としてはシンプルな構造を目指すということで、誰にでも判りやすい契約が期待できそうです。最近は判りやすい料金プランを重視したはずの格安SIMでも、限定割引キャンペーンなどで若干複雑になりがちですからね。


本格的な事業のスタートは来年春以降みたいですね。まだどこのMVNOかも決めてないようなので、すぐにツタヤでスマホが買えるようになるというわけでは無さそうですが、これまでにない新しいサービスの開始を期待しておきましょう。


by ke-onblog | 2014-12-02 03:09 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。