白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

98000円でLINEスタンプが作れる代行業者「スタンプファクトリー」に発注してみた

白ロム転売は先細りな将来しか見えないので新たなビジネスを模索中の管理人ですが、先日のebay輸出入に続き、今度はLINEのスタンプ販売に手を出してみることにしました。

まだ儲かるかどうかは判りませんが、スタンプビジネスに興味のある方もいるかもですので、私の体験談をお伝えしてみます。似たような報告サイトは他にもいっぱいあるので今更感もありますけども(笑)


今やLINEはスマホを持っていれば知らない人は居ないくらいまで知名度が上がったメッセンジャー・通話アプリです。アプリ内で使える「スタンプ」を個人が販売できることを知っている方も多いでしょう。

個人が作るスタンプは「LINE Creators Market」というサイトを通じて1セット100円で販売する事ができ、その半分が収入になります。中には毎月何百万と稼ぐ人もいっぱいいるのだとか。これもよくネットで見かける話題になりましたね。

私はそこまでは望みませんが、転売屋同士のコミュニケーションに便利なスタンプが作れたらいいな~と思い、スタンプ販売に手を出してみることにしました。

とはいえ、私はイラストを書く技術も才能も持ちあわせていないようなので、業者に頼んで作ってもらっています。今回利用したのは下記のスタンプ作成代行サービスです。

☆「スタンプファクトリー

このサービスを選んだ理由は、なんといっても価格の安さとサポートの手厚さです。スタンプ販売に必要なアイコン、スタンプ40個、トークルーム画像のセットを9万8千円で作ってくれます。

こちらのページに実際に発注してつくってもらった画像サンプルを掲載中

98000円あればXperiaZ3 Tablet CompactがWifiモデルなら2台買えたな・・・とも思いましたが(笑)

約10万円というスタンプの作成価格は相場から見るとかなり安いのです。今流行のクラウドワークのランサーズで頼もうかとも思ったのですが、あちらでも最低10万くらいはかかりそう(ラフのコンペで5万、本スタンプ作成5万くらいが多いみたいでした)。同じ値段なら個人に依頼するより、一企業のほうが信頼性も高かろうと。

作成代行業をやっているところも他にたくさんあるのですが、サポート込みで20万円以上掛かるところも普通にあります。しかもスタンプを1個修正するだけで何千円と取られるのが当たり前の業界・・・。

ですが、このスタンプファクトリーは現状では98000円でラフ画の作成、本スタンプの作成、登録のサポート、リジェクト(登録拒否)された場合の画像修正も請け負ってくれるのです。

他にも5万円以下で代行をやっているようなサービスも無くはないのですが、画風がシンプルすぎて売れる感じがしなかったりといろいろあります。 もし代行サービスを本気で利用してみたいなら、いろんなところを見比べてみるとよくわかると思います。

中には詐欺っぽいサイトもありましたし・・・。サイトに特定商取引法の記載が無いサイトはアウトだと思った方がよいです。


話をスタンプファクトリーに戻しまして、オーダーはまず上記のホームページから申し込みフォームに名前やメアドを登録して申請します。すると自動返信で料金の半額(今回は49000円)の振込先が連絡されてきますので、指定口座に代金を納めます。自動返信の中に取引の流れの詳細が書かれています。

私の場合では振込をした翌日に担当の方からメールが届き、入金確認とスタンプ作成に関するアンケートが届きました。

アンケートでは以下の項目を書き込みで返信します。

・スタンプのコンセプト(自由記入)
・著作権に関する署名
・スタンプ40種類分の人物、表情設定

どんなスタンプが売れるのかというアドバイスも書かれています。ま、このあたりは一般的なことなのでその辺のサイトをググって調べればわかる程度のことでした。

スタンプのコンセプトを伝えると、5営業日ほどでラフ画像を用意してくれます。ここでOKを出すと、スタンプの本格的な作成を2-3週間程度で行ってくれます(受注状況によって変わるようで、私に来たメールには10日ほどで案内されていました)。

ここで残りの半金を支払うとスタンプの本番作成が始まり、一ヶ月ほどで完成するとスタンプ販売に必要な画像データを送ってきますので、あとはLINEクリエイターズのサイトにアップロードして、審査を待つだけです。

LINEスタンプの審査には早くても半月、通常は2-3ヶ月くらい掛かるそうなので、結果が出るのはきっと来年の春頃ですね~。結果はまたこのブログで報告したいと思います。


スタンプ作成を依頼するにあたり、何度か担当さんにメールを送って確認やお願いをしてみましたが、即日返答があり、対応は良かったです(実は本当にその内容が聞きたかったわけではなく、対応を迅速にしてくれるかチェックしたのでした)。

スタンプ販売までの流れとしては、

1.ネット申し込み
2.半金振込
3.アンケートに答える
4.ラフが送られてくるのを待つ
5.ラフに対してGOを出す
6.スタンプデータが完成するのを待つ
7.連絡を受けたら残金を支払う
8.受け取ったデータをLINEに登録する
9.審査通過→おしまい
  拒否→スタンプファクトリーに連絡して修正してもらい、再提出→申請を繰り返す

こちら側がやることはスタンプのシチュエーション、キャラクター原案、ワード設定が大変な上記の③くらいまでで、あとはただの登録作業です。私の場合は売る気満々で3日間ほど一生懸命考えましたけれど、アイデアが浮かんでいる方はもっと素早く取引を進められると思います。


スタンプファクトリーでは2種類のプランが用意されており、1つは今回利用した98000円の通常価格のプランと、もうひとつは29800円でスタンプが作れる「レベニューシェア」というプランがあります。

レベニューシェアではスタンプ売上の半分をスタンプファクトリーと分け合うシステムになっており、実質売上の25%が貰えるというものです。

売れるかどうか自信が無いスタンプの場合はレベニューシェアの方が断然投資金額は安いです。が、当然たくさん売れた時の儲けは減ります。イラストはプロのクリエイター任せなので良いとして、アイデアに自信があるなら通常プランをオススメします。10万円くらいの投資、私は安いと判断しました。


投資の結果が出るのはしばらく先になりそうですが、それまで次のスタンプ作成のアイデアでも考えておこうかな、と。

売れそうなスタンプのアイデアはあるけど、イラスト作成に自信が無い方は代行業者に頼んでみても、結構簡単に元がとれちゃうかも知れません。他の業者はまだ使ったことがないので知りませんが、スタンプファクトリーは十分オススメできるレベルのサービスをしてくれています(売れるかどうかは自分のアイデア次第なので、絶対に儲かるとは言えませんけどね)。

追記:この記事を書いてから約5ヶ月後、スタンプファクトリーさんに作ってもらったLINEスタンプがマジで発売されました!審査リジェクトもなく、一発通過。本当におすすめできる業者さんです。

↓現在私の作ってもらったLINEスタンプも販売中です!この記事が参考になったら是非買って下さいw
白ロム転売ラインスタンプ




by ke-onblog | 2014-12-06 05:38 | LINEスタンプ | Comments(2)
Commented by ももも at 2014-12-06 14:14 x
ネットで見たことですが
イラストやアイデアを自分で考え
会社から帰ってコツコツと数ヶ月もかけ
スタンプを4セットもつくり販売したけれどぜんぜん売れない
となげいていた方を見かけた事があります。
じゃあその方のアイデアや絵がぜんぜんだめだから売れなかったんじゃ?
と思うかもしれませんが、試しにそのスタンプをLINEの売り場に見に行ったところ
絵も上手いし、アイデアも凄くこっていると感じ、
それをみて私が思った事はここまでのレベルでも売れないんだという事でした。

まぁ、こっていても売れなかったり、ヘタウマな感じでも意外と売れたりと、
まさに「出してみないとわからない」なのかもしれませんね。
ご検討をお祈り致します。(^-^)


ついでに質問なのですが・・・
今ドコモの機種変更(※オンライン除く)で今年の夏ごろの GALAXY J SC-02F みたいに
何かおいしい機種ってありましたっけ?
私の情報収集能力がポンコツなのか、今は特にないのか?どっちだろう・・・。
Commented by ke-onblog at 2014-12-06 15:33
もももさん、こんにちわ~^^

何ヶ月も頑張って作って売れなかったらショックですね・・・。今回は業者に頼んだので手間と時間はお金で解決しましたが、投資を回収するのにどれだけ時間が掛かるのかは、おっしゃるとおり出たとこ勝負ですね~
結構アイデアを考えるのも面白かったので、もももさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか(笑)

現在機種変更で安めのモデルですと、XperiaZ3C SO-02G, ARROWS NX F-01Gの月サポが大きく実質0円になっていますので、一括価格もちょっと安く案内されているところがあるかもしれません。ドコモ機種変のセール情報はほとんどネットには出ないので相当探し難いですね~。

実際の価格情報を得るのはネットでは難しいですが、オンラインショップで月サポ増額や特別割対象になっているモデルは併売店でも同じく安売りする傾向にありますので、モデルだけ絞ってあとは店頭価格を足でチェックするのがオススメです。それにしても今はあまりよい機種は見つからないかも知れませんね^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。