白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンク向けXperiaZ3 401SOの白ロムは異例の高値続く

ソフトバンクユーザー待望の初Xperiaスマホとなった401SOですが、思ったより白ロム流通量が少ないですね。

まだ発売から半月ほどしか経っていないというのもありますが、あまり大幅割引のセールも出ていないため、スマホ転売用として購入する人がいないのでしょう。ロゴデザインがグローバルモデルと同じでスッキリしているので、皆さん自分用に買っているということもあるかも。

ヤフオクではソフトバンク版XperiaZ3の白ロム在庫もポツポツと見つかるのですが、SB用の白ロムとしては非常に高い価格帯での取引になっているようです。

最近の落札実績をチェックしてみると、制限△のジャンク扱いで5万円台~5万円半ば、制限○だと6万円台から7万円弱です。

7万円まで行ってしまうと公式で一括購入するのと変わらないんですけどね^^; プランの変更などが必要ないので白ロム購入が楽という方もいるかもですが、公式価格は69,120円が税込み本体一括定価になります。


以前皆様に協力して頂いたアンケート「XperiaZ3 どの色が人気・転売に向いている?」では、ブラック以外の3色が横並びの人気でした。シルバーグリーン、カッパーも需要があるみたいです。

白ロムショップにもまだほとんど入荷がありませんが、やはり新品制限○在庫だと7万円弱と高め。

☆「イオシス
☆「ケータイアウトレット


この白ロム7万円という価格はXperiaZ3としては、高くも安くもないです。au版SOL26, docomo版SO-01Gも同じくらいです。ドコモ版はもう少し相場が高いですが、大きな差はないようです。

ですが、「ソフトバンクの白ロム」として考えると異例なまでの高値と言って良いと思います。ソフトバンクのスマホ白ロムは他キャリアに比べて需要が少なく、新機種でもすぐに3-4万円程度まで下がり、安売りされる機種ではハイエンドモデルすら1-2万円程度まで下がってしまうのがこれまでの傾向でした。


ここまでの考察ではあまりポジティブな状況ではないのですが、白ロム転売の流れとしてはまだチャンスは残っています。今週は月初めなのでまだ時期尚早ですが、今後年末に向けて401SOの安売りが出てきた時が狙い目です。

安売りが本格化してしまうと、やっぱり従来モデルのように値下がってしまうのかも知れませんが、それまでの高い相場を知っているユーザーには高く売ることができるからです。情報をいち早く仕入れ、タイミング良く本体を売ってしまうことがポイントになるでしょう。


昨日からドコモではSO-01Gの月サポを増額して他キャリアよりも価格面で優遇しています。MNPは実質0円、機種変更でも実質1,296円と大幅に割引いてきましたので、auとソフトバンクにかなり差をつけてきました。

これに対しau,SBが追随して値下げやキャッシュバックキャンペーンを施行してくれば、白ロム相場も大きく動く可能性があり、今後の動向は要チェックなのです。

ドコモ版は今週から早速安くなるかも。au,SB版は月末の情報を見逃さないようにするのがオススメです。


by ke-onblog | 2014-12-06 16:22 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。