白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

LINEスタンプ作成代行サービスの比較 発注するまでに調べたサイトたち

先日、メッセージアプリのLINEで利用できるスタンプを販売するため、作成代行サービスを利用したという話をブログで書きました(過去記事:98000円でLINEスタンプが作れる代行業者「スタンプファクトリー」に発注してみた)が、代行サービスを選ぶまでに比較したサービスや気になったポイントなどを備忘録として残しておきます。

↓現在私の作ってもらったLINEスタンプも販売中です!この記事が参考になったら是非使って下さい。お願いします(∩´∀`)∩
白ロム転売ラインスタンプ


2014年12月現在、LINE用のスタンプの代行作成を謳ったサービスはかなりの数がありました。値段も結構ピンキリで、安いサービスと高いサービスだと5倍以上の費用差があるようです。料金に含まれる料金システムもさまざまなので、単純な価格だけでなく、サポート面まではっきりと料金体系が判るものでないと、正直外注するのは怖い感じでした。

スタンプ作成サービスを発注するには以下の3パターンが考えられます。

パターン1.クラウドワークサービスを経由して、個人に依頼・作成する
パターン2.企業が運営するサービスに発注し、雇われたクリエイターが作成する
パターン3.個人起業した独立系クリエイターに直接依頼・作成する

他に知り合いに依頼したり、ネットで個人のイラストレーターに直接交渉してみるなども出来るかもですが、まぁこれはビジネスとして正攻法ではないので、今回は除外。絵の上手そうな人に頼もうかとも思ったのですが、そこそこ大きなお金に関わる話なので頼みづらいというのもありましたけど(笑)

一般的にですが、かかる費用はパターン2>パターン1>パターン3ですね。コストを抑えたいなら、言葉は悪いですが知名度のそこまで高くないクリエイターがやっている若いビジネスサービスだと技術を投げ売りしているケースがあり、サービスを買い叩くことも出来そうでした。

ただ、やはり個人がやっているサービスでは信頼度が低い。どういうつもりでネットに公開しているのか判りませんが、「代行サービス」を掲げながらサービス内容の詳細が書かれておらず、納期などもよくわからない、特定商取引法の記載もない、代表者のニックネームとフリーのメアドしか連絡先がない、といったものも多数。

個人のサービスでも絵はうまいのかもしれませんが、ビジネスの取引の基本がわかっていない方とは私は取引したくないな~と(私も詳しいわけではないですが素人だからこそ、そういったところはしっかりして欲しいと思ってしまいます)。


パターン1のクラウドビジネス経由も良いかな、と思いました。料金の相場は販売するためのスタンプセットで5万円~10万円ほどのようでした。多くはコンペ形式をとって取引する相手を選び、そこから本依頼を行うというのがパターン化された依頼方法のようです。

一番有名なのは下記のランサーズでしょう。実際にいっぱい仕事依頼の案件がありますね~

☆「ランサーズ LINEスタンプ作成の依頼・仕事

ここで過去のスタンプ作成依頼の様子を見たのですが、たくさんの提案を受けるためにはそれなりの報酬を用意しなければなりません。コンペで相手は選べるとはいえ、最終的に個人が相手なので、どこまでちゃんとした取引を出来るのかは指名したクリエイター次第になります。

ユニークなスタンプを作れる可能性があるという意味ではランサーズも良かったのですが、あまり安い値段でクリエイターを使い潰すのも気が引けますし、どの程度まで無理言っていいのか加減もわからないということもあり、今回はやめておくことに。もし次にスタンプを作ることがあるなら経験を積んだ上で依頼してみたいなと思いました。


そして最後、クリエイターを雇って法人としてサービスを提供しているタイプ。今回私が発注した「スタンプファクトリー」もここに入るのですが、やはりホームページを見るとしっかりとサービス内容・料金案内などがされており、信頼度は段違いです。

法人サービスの中でも料金設定に違いがあるので、求めるレベルに応じてサービスを選びわけなければなりません。選ぶポイントとしては、

・基本料金、スタンプセットの総額がいくらなのか
・どのような絵柄を描けるクリエイターがいるのか
・スタンプの修正に掛かる代金(無料でどこまで直してくれるのか)
・登録出来なかった時の修正はしてくれるのか
・サンプル提案、本番スタンプ作成の納期
・LINE販売方法へのサポートはあるのか
・LINE以外へのイラスト掲載や著作権周りはどうなっているのか

こんなところでしょうか。どの項目も重要なのですが、私が特に気にしたのは4番めのスタンプが登録拒否された場合の修正です。スタンプの登録にはそれなりの時間が掛かるので、その後のアフターサポートもしっかりしてくれているところでないと、安心して頼めません。

では実際に私が検討したサービスをざっと比較してみましょう。

国産キャラクターJP

98000円と比較的安い。著作権も譲渡してくれます。各スタンプ1回までは修正してくれますが、納品後のサポートは記述がありません。

スタンプメーカー

基本料金25万円。プロイラストレーターの高いクオリティのスタンプを作ってもらえます。ただ、イラスト修正や著作権買取には別途オプション費用が掛かります。

J creation

基本料金13万円(キャンペーン価格)。各キャラ2回の修正が無料。納品2週間程度と早そう。実は私はここに依頼しようかなとも考えていました。イラストのサンプルもサイトにあるのでイメージがしやすかったです。

プランニングヴィレッヂ

基本料金15万円~。イラストの著作権は貰えない。修正は1回まで。料金に含まれるのはスタンプの作成だけなので、その他のサポート・代行を依頼すると別料金が発生します。

スタンプファクトリー

ここが私が使ったサービス。料金は98000円(前金で半額を分納する必要あり)でキャラの修正、登録サポート、登録失敗時のサポートまで含まれます。丸ごとコンセプトから修正する場合は無料ではやってくれないですが、そのようなスタンプは依頼の時点で修正アドバイスをしてくれるそうです。

納期は5日程度でラフ作成、スタンプ作成は2-3週間が掛かります。依頼が多い時はもう少し遅くなる場合もあるということでした。

ホームページには会社の社長の写真データを渡して企業向けにスタンプを作る例が出ていますが、普通のキャラクターデザインもやってくれます(私が頼んだのもこのパターン)。イメージだけ伝えればオリキャラを作ってくれ、それでスタンプまで作成してくれます。

料金は最初に書いた国産キャラクターJPと同じ(税込みなのでスタンプファクトリーのほうがちょっと安い)だったのですが、サポート体制に関する詳細が書かれていたのが決め手でした。10万円出して登録キャンセルされたら悲しいですので。。。自分でイラストを手直しすることも出来ませんし。


信頼が出来そうならどのサービスを使っても良いかなと思うのですが、利権関係が絡む取引なので難しいところもあるな~と。

どのサービスでも同じですが、スタンプ作成代行サービスでは確実に審査に通り、販売開始できることは保証してくれません。もちろんスタンプが売れるどうかも判りません。一旦依頼をしてしまうと、サービスの性質上キャンセルや返金も無理でしょう。代行業者を選ぶ場合には自分の要望を叶えてくれそうなサービスを慎重に選んだほうが良いです。

単に値段が安そう、上手いイラストがホームページのサンプルにあったから、というだけで発注するのは危険かな、と思いました。皆さんもスタンプ販売をしてみたくなったなら、いろんな業者を比較して信頼できるサービスを提供するところを厳選してみることをオススメします。
by ke-onblog | 2014-12-09 09:47 | LINEスタンプ | Comments(6)
Commented by ももも Z3 at 2014-12-09 20:44 x
一見、10万と聞くと「多い出費だな」と思ってしまいますが、10万を丸々クリエイターの方が受け取る事はないと思いますし、40個という制作数を考えれば、クリエイターの方がイラストを完成させて獲られる収入は一個当たり「1500円~2000円位?」とけして高くはない額と考えられるので、プロに自分の要望を聞いてもらえてトータル10万ですむのなら高くはないのかも?と思えてきましたね。「もしかしたら大金が!?」という夢もありますし・・・笑

ちなみに著作権が制作者側にある場合、
ラインでの売り上げに限り依頼者は利益を得られるが
万が一人気が出てライン以外での展開が出てきた場合
利益は制作者側に持っていかれてしまう、という事なんですかね?
Commented by ke-onblog at 2014-12-09 21:10
>もももさんがZ3に!?(笑)

スタンプのクオリティを見る限り、自分では到底出来ないイラストを10万円で描いてくれるなら悪くないと私も思いました。20万、30万となるとちょっと手を出しづらいところですが、9.8万円という価格設定にやられてしまいました(笑)

著作権に関してですが、まさにそういうことのようです。例えば何らかのキャラクターを作ってもらい、それを自社のキャラクターとして起用したりするのはNGな場合があります。個人的なサービスほど著作権には緩い(大概は権利譲渡される)ようですが、プロ系のサービスではハッキリと著作権は制作者側に、という記述がありました。記事で紹介した「スタンプメーカー」のサイトを見ていただくと、細かく料金設定がされているのがわかると思います。
Commented by 仮名 at 2014-12-10 02:49 x
lineは誘れても拒否してるのですが、スタンプで一儲けしたいと思っています。

画力に自信なくても全部自力でやるとして、スマホのみ或いはタブレットのみでも完結出来ますか?

主観では絵の上手さは関係なく売れるモンは売れると思います
Commented by ke-onblog at 2014-12-10 05:51
>仮名さん

データの作成・アップロードさえ出来れば登録出来ますので、モバイル端末だけでも行けると思いますよ~。スマホからでも管理画面にはログイン出来たので。

基本は下記ガイドラインにあるファイルを用意できればOKです。
creator.line.me/ja/guideline/
Commented by lex at 2014-12-10 08:10 x
先生はいくら目標ですか?
自分もやってみようかしら(笑)
とあるジャンルのスタンプがまだ全然なかったのでこれはチャンスかも☆
Commented by ke-onblog at 2014-12-10 11:27
>lexさん、こんにちわ~

私の目標ですか?そうですねぇ・・・とりあえず1年で元が取れれば良いかな、と思っています。
ですので月に1万円→スタンプ2万円分の売上→200回/月のダウンロードくらいですね~。アイデア出し以外には労力は使っていないので、少しでもプラスになれば良いかなと。内心は毎月何十万円分も売れないかな~と夢見てはおりますが(笑)

良いアイデアがあるならすぐにでもチャレンジしてみることをオススメします。審査に1-2ヶ月掛かることもありますし、ものすごいペースで登録スタンプが増えているのでニッチなところを狙うなら急いだほうが儲けるチャンスも多そうです。
個性的なイラストが描ける・キャラクター性があるなら別ですが、アイデア勝負の場合は先にやられたら終わりですよね(類似コンセプトのスタンプは登録できないこともあるそうです)。是非頑張ってください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。