白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

事業者向け?b-mobileから「03スマホ」登場 固定電話に見せかける携帯電話

少し怪しい雰囲気を感じてしまいますが・・・(サービスの内容が、という意味ではない)

12月13日から格安スマホのb-mobileで有名な日本通信が、東京の市外局番「03」で発着信することの出来るスマートフォン回線を月額3980円(端末代金込み)で提供を開始するそうです。

12月10日時点では詳細は明らかにされていませんが、料金プランや利用端末は公式ページに出ています。

☆「b-mobile 03番号がスマホで使える、「03スマホ」

ビジネスに興味のある私にはちょっと面白そうだなとも思ったのですが、一般人の感覚からすると「何のために?」という疑問が先に浮かんできそうなサービスです。

通常携帯電話の番号は070,080,090から、IP電話なら050から始まっており、着信時に表示されれば相手が固定電話なのかそうでないのか判りますよね。しかし、この03スマホでは発信・着信ともに表示が東京で使われている「03」の番号が取得できるそうです。

03番号を使うメリットは何でしょうか?

個人ではあまり必要のないことですが、企業の場合はホームページや連絡窓口として携帯番号よりも固定電話の番号があったほうが見た目の信頼度が増す(ちゃんとした事務所に固定回線を引いているから)ような気はしますので、そういったユーザーには需要がありそうです。

実際、すでに03の番号を携帯電話で使えるようにする転送サービスというのはあります。私も過去に起業情報を漁っていた頃に調べたこともあったのですが、たとえばToones転送電話が有名でしょうか。月額1000円以下で03番号を取得し、手持ちの携帯電話へ転送が可能です。予め決めたコードを入力してから相手の電話番号に掛ければ、03からの発信も出来ます。


03スマホで気になるのはフリーダイヤルの「0120」などに掛けられるかどうか。通常の転送サービスだとフリーダイヤルは使えないそうですが、03スマホの番号はどういう扱いなのでしょうか・・・。これは詳細が出るのを待つ必要がありますね。


13日から行われる03スマホの先行販売では回線だけの販売ではなく、LG G2 miniの端末がもれなくセットで付いてきちゃいますので、すでにスマホを持っている場合にはSIMパッケージだけで販売されるのを待ったほうが良いです。

月額料金3980円の内訳は【データ通信月額基本料 1180円】+【03スマホ月額基本料 1380円】+【端末代金 1,420円×24回】だそうです。データ通信はたっぷりと3GB付きで、無料通話も最大20分(1200円分相当)があるので、料金体系としては割安で悪くないですね。通話料金も1分20円なら普通でしょう。

このシステムの使い道にあまり良くないことしか思い浮かばない私は心が汚れているのでしょう (´・ω・`)

確かに私が独立してビジネスを始めるとしたら、こういったサービスはありがたくもあります。輸出入ビジネスや白ロムの買取・販売事業用なら普段はネットだけで完結させられますので、固定回線を専用に導入するのは手間も料金も勿体無いように感じるでしょうから。

どちらにせよ顧客には通常回線なのか03スマホなのかは多分判らない(それとも発信音などが特殊なものになるのでしょうか?)はずなので、今後は知らない03番号から掛かってきた場合は警戒した方ががいいかも知れませんね・・・



by ke-onblog | 2014-12-10 22:11 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン