白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineoも値下げ待ったなし!KDDIがMVNOで2GB/980円格安スマホ参戦

こういうのはどうなんでしょうか。ケイ・オプティコムを潰しに来てる?(笑)

昨日発表されたKDDIの直接傘下にある会社「KDDIバリューイネイブラー」が格安SIMサービスに自社のau系回線を使った新サービス「UQモバイル」を12月18日からスタートさせるそうです。

すごいですね。自分の会社のシステムを、わざわざ子会社を介して下請けをして提供するとは。ブランドとして「au」と格安サービスは別物だぜ、ということなのでしょうか(詳しく会見内容を見ていないのですが、そういったことも触れていたのかな?)。


契約先が別になるということでauの格安SIMを使うには、現在のケイ・オプティコムによるmineoと同じように契約変更が必要になりますね。今までのau回線から乗り換えることも出来ると思いますがau内でプランを変更する、という気軽さでは移れないはずです。

UQ mobileの発表した格安プランは特別MVNOとして新鮮味のあるものではないです。というか、競争が過熱しているドコモ系MVNOに比べると見劣りします。

ですが、au MVNOの先駆者として今年5月に登場したmineoに比べて割安で、豊富なバリエーションを取り揃えてきました。さすがバックグラウンドに大元が付いているだけのことはあります。

下記がUQモバイルの新プランです。
d0262326_8171748.png


どうでしょうか。なんだかどこかで見たことのあるような料金・サービス設定です。別に悪くはないと思うのですけどね。テザリングできるのは良いですね。

そういえばUQモバイルはiOS8はどうなんでしょうか。mineoでは結局使えずじまいで終わってしまいそうですが、UQモバイルでもiPhoneシリーズが使えないまま行くつもりなのか、アップルになんとかしてもらうのか。対応機種に一切Apple製品が入っていないので、そういうことなのでしょう。


mineoでは1GB/900円で提供中(今はキャンペーンで+1GBというのをやっている)ですので、それに比べればUQモバイルは一気に倍の容量に増えたことになります。2014年後期では千円以下で2GBというのが主流なので、これはもうmineoはプランを変更せざるを得ないでしょうね~。1GB1000円は時代遅れです(キャリアだとデータパック2GB 3500円なわけですけど)。

2GBで980円(税抜)とのことですので、プラン価格だけを見ればドコモ系のOCNモバイルONEの2GB 900円(税抜き)に少し劣る程度。ですが、auのスマホの白ロムはドコモの端末に比べて割安なので、新しく白ロムを仕入れてUQモバイルで使おうというユーザーさんにはUQの方がトータルコストは安いかもしれませんね。

mineoの登場で一時期auの白ロム相場が高くなったこともありますが、UQモバイル効果でさらに白ロム人気が高まる可能性も十分あると思います。


無制限プランの300kbps固定速度 1980円プランは・・・。まぁ、そういうのがお望みならば良いのではないでしょうか。b-mobileはLTEで1980円つなぎ放題をやるそうですが、勝ち目はあるのか(実際の速度がどこまで出るかはまだ不明ですけど)。

あとは音声プランが最低契約期間が1年と長く、違約金もキャリアと同じ9500円。このあたりも気をつけて使いたいところです。

☆「UQ mobile 料金・サービスプラン

あとはLGとか京セラの端末も提供するそうですが、私は興味ないのでスルー。あの価格なら自分でauの白ロム買ったほうが後悔しないと思います。

今割安感のあるauの白ロム機種はXperiaZ Ultra SOL24, ZL2 SOL25, isai FL LGL24, isai LGL22あたりですかね。特にオススメはLGL24。UQモバイルの端末と同じくらいの値段で最新ハイエンドモデルになります。

【ご注意】:記事公開時は気付きませんでしたが、UQ mobileにはnano SIMが無いそうです。ということはLGL24は使えませんね。SIMをカットすれば使えるかもですが、保証がなくなりますので気をつけて下さい。
iPhoneシリーズも使えず、URBANO L01、L02, AQUOS PHONE SHL24,25などもダメですね~。白ロムを買う場合にはSIMカードのサイズに気をつけて下さい。どのカードサイズを使っているかは公式ホームページに出ています。


au系MVNOに競合が増えてくるのは良い傾向だと思います。まだ一般向けは2社だけなので、今後もさらにいろんなところから参入して価格が下がると面白いですね。




by ke-onblog | 2014-12-12 08:36 | スマホニュース | Comments(10)
Commented by lex at 2014-12-12 12:15 x
キャリアの料金が下がってくれた方がありがたいですね…。
月々サポートが付かない回線は安くするなど。
Commented by ke-onblog at 2014-12-12 12:59
lexさん、こんにちわ^^

そうですね~。わざわざキャリアの料金を下げないように別会社を介して、養分になっている人にはそのまま高い料金で維持してもらおうとしているのかな、と邪推してしまいます。

MVNOを通じてKDDIは安いプランも用意しているよ、というアピールはわかりますが通常回線の方をなんとかしてくれないとあまり影響は小さそうですよね。
Commented by クライマー at 2014-12-12 13:05 x
こんにちは。
質問させてください。
今回の発表はmineoと何が違うんですか?
3社から格安スマホが発売されることになったと何かで読みましたが、docomoとソフトバンクの何と同じ扱いなんですか?
調べてもよく分からないのでご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いします。
Commented by 峰夫 at 2014-12-12 13:15 x
iOS8はこちらもだめとのこと。そもそもnanoSIMを提供しないそうです。(FAQの4番目)
Commented by ke-onblog at 2014-12-12 13:15
クライマーさん、こんにちわ。

いろいろ違いはありますが、まず運営する会社が違いますので購入方法やサポート体制、窓口などは全く異なります。
料金プランもmineoとは別ですので、使うネットワークは同じauのものですが、利用目的に合わせてプランを選ぶことができるようになりました。詳しくは記事内の解説や、公式HPを参照して下さい。

「3社から販売」というのはよく判りません。ドコモ・ソフトバンクが直接格安スマホを販売していることはないと思います。
ドコモの場合は下請けとして(今回のUQmobileのように)ドコモのネットワークを利用しながら格安スマホを販売している別の会社はあります(例えばイオンスマホがそうです)。ソフトバンクでは現時点では格安スマホを下請けとして販売している会社もありません。強いて言えばワイモバイルが該当しますが、ワイモバイルは独自の回線網も持っているため、同じ枠に入れるのは異なるかと思います。
Commented by ke-onblog at 2014-12-12 13:26
>峰夫さん、情報有り難うございます!

やっぱりApple製品はダメなのですね。これは残念です。

そしてnanoSIMも無いのですか!カットすれば使えるのかもしれませんが、XperiaZ3 SOL26やisai FL LGL24も一応非対応ということになっちゃいますね。これも残念すぎる・・・(記事修正しておきます><)
auのVoLTEも対応しないということですね。今後のサービス向上を期待したいですね。

改めてサービスを見直すと、データ通信プランも繰越がないなど、まだまだ気をつけなければならない点がありますね。
Commented by シルビア at 2014-12-13 01:45 x
両親がAUのガラケーを使用しているのですが
AUのMVNOをおすすめしたいと思ってます。

スマホが使えて月々のコストを下げられると思っているのですが、
AUのスマホの端末であれば、MVNOのSIMは使えるのでしょうか?
端末は、MNPか白ロム購入で考えているのですが、
おすすめの機種がありますでしょうか?
MVNOに切り替えるデメリットとしては、キャリアメールが使えなくなるぐらいと考えているのですが
ほかにもありますかね?ガラケーはMVNO使えないのですか?

質問ばかりで申し訳ありませんが、わかる範囲で回答をお願いしたい次第です。

以前、私事で、相談したのですが結局IPHONE5SのDOCOMOキャリアのものを購入した。
オークションよりも、GEOの中古品で64GBが36000円でした。本体のみで細かい傷も多々ありでしたが
わたくし個人としては気にならないレベルです。
Commented by ke-onblog at 2014-12-13 02:43
シルビアさん、こんばんわ^^

ドコモの5sが3.6万円はお安いですね!良い買い物をされたと思います。

ご両親用にMVNOをとのことですが、ガラケーではMVNOでの利用は現時点では出来ないという実験を見たことがあります。ガラケーとスマホでは規格が違いますので通話もネットワーク通信も出来ないはずです。

mineoや今回のUQ mobileならLTEに対応したauのスマホは多くのモデルで利用可能です。ただし、iPhoneは使えません。UQモバイルではnanoSIMサイズが無いため、nanoSIMを利用する機種も利用不可だと考えたほうが良いです。

基本的な通話やメールが出来れば良いという程度でしたら、キャリアメールアドレスが無いこと以外は特に問題ないと思います。

利用可能な機種はそれぞれのホームページに対応機種が出ているので、そこから選ぶことが出来ます。

その上で私がオススメするならば、mineoで使うならURBANO L01かL02は性能は低めですが、白ロムが比較的安いです(nanoSIMなのでUQでは使えません)。UQで使うなら富士通のFJL21、22あたりが安くなっていますね。
性能を重視されるのであれば2013年夏モデル以降の端末から探されるのが宜しいかと思います。
Commented by 仮名 at 2014-12-13 07:44 x
nanoが無いとか微妙ですね。



DOCOMOのガラケーなら日本通信のSIMが使えますよね


弾にした時に少し通話を使いました。



auは使えないのですねφ(..)
Commented by ke-onblog at 2014-12-13 08:24
>仮名さん おはようございます^^

何故mineoにはあってUQでnanoSIMを取り扱わないのか不思議なんですよね。iPhoneで使えるという勘違いをさせないため?とか思いました。

mineoはデータ通信はLTE専用・3Gは通話専用と切り分けており、なら通話だけならガラケーでもいけるか?と思ったのですが、ダメなようですね。UQ mobileでもたぶん同じ仕様だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン