白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

売り切れのGoogle play版Nexus6 オークションで10万円超えの高騰

12月10日に日本でも販売開始となったAndroid 5.0搭載のGoogleスマートフォン Nexus6ですが、早速オークションサイトで在庫が転がされています。

SIMフリーモデルを扱うGoogle Playでは早朝の販売開始となっていたようですが、あっという間に在庫が無くなったという話でした。

これは転売祭りになるのかと様子を見守っていましたが、今日14日になってもGoogle Playの在庫は復活していないようですし、オークションではプレミア化が始まっているようです。

まださすがに出ている台数はそれほど多くはないですが、いずれの在庫も価格の上乗せが多少あります。

そして終了したオークションを覗いてみると、中には32GBモデルで14万円もの落札価格が付いたものも。。。

定価が税抜きで7.5万円でしたので2倍とまでは行きませんが、かなりのプレミア感。ちょっと高すぎるような感じもしますので、本気で落札されているのか悪戯なのか判断は付きかねますが。

Google Play版の高騰が続くかどうかは不明ですが、ワイモバイル版は普通に在庫がありますね。店頭では予約分しか入荷していないショップもあるそうですが、すぐに買えるショップもあるみたいですし。


さっとネットの販売情報を探った感じ、今週末はまだワイモバのNexus6用激安案件は見つかりませんでした。割引価格を出しているショップも一切見当たりませんね。

昨年のNexus5では2013年12月には新規一括0円案件がすでに出ていました。Nexus6でそこまで望むのは厳しいと思いますが、少しくらいは安くなっても~と期待しちゃいますね。

また、Googleのブランド販売方針なのか激安店でもあまり声高にNexus6一括○円、というのは出さない可能性もあります。iPhoneではよく「話題のあのスマホ」なんてフレーズで覆い隠してセールスをやっていましたが、あんな感じでNexusシリーズも伏せられることがあります。

ネットには出ていなくても店頭では多少安く販売されている可能性もありますので、気になる方はワイモバショップで直接相場をチェックするのが良いです。

ワイモバでNexus6を安く入手できるようになるのはもう少し先かな~という印象ですが、Google Play版で素直に8万円出すのは厳しいな、という方はワイモバ版の値下がり時期を待つことをオススメします。


by ke-onblog | 2014-12-14 10:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。