白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineo UQモバイルで使える1万円以下のLTE対応auスマホ白ロム

auのMVNOとしてmineoに続きUQ mobileが参戦してきて、去年はドコモ系に比べてイマイチだったプラン内容・価格の改善が見られ、今後再度auの白ロム人気が高まると予想しています。

そんなauのLTE対応スマホの白ロム価格のトレンドについて2015年1月時点の状況を確認してみると、ドコモのスマホでは厳しい1万円以下のLTE端末が幾つかあります。

これまでドコモに比べて需要が低く、投げ売りされやすいauスマホの白ロムはすぐに値下げされてしまっていました。特にドコモのLTE端末は人気です。相当古い機種、ボロボロの状態のモデルでもないと1万円以下で購入できるモデルは少ないですが、auならまだイケます。

mineoのサービスプラン変更が2015年2月1日から、UQ mobileではサービス開始が先月のことですので白ロムの価格はこれから変動する可能性があります。その前に少しでも安い白ロムを入手しておくのも良いでしょう。


以下には2015年1月5日今日現在で白ロムショップで販売中の1万円以下のau LTE機種在庫をピックアップしてみました。白ロムショップでこの価格なので、ヤフオクならもう少し下も狙えるかも。

*機種名前のDは「ダイワンテレコム」、Kは「ケータイアウトレット」の在庫です。(micro)はmicroSIMサイズ、(nano)はnanoSIMです。nanoSIMはUQ mobileでは使えないので気をつけて下さい(カットすれば使えなくもないかもですが、動作の保証はありません)

D:☆SHL21 AQUOS PHONE SERIE(micro) 美品 8800円

K☆DIGNO S KYL21(micro) 良品 9800円

K☆ARROWS ef FJL21(micro) 美品 8200円


もっとあるかと思いましたが、1万円を切る在庫は中古でもあまり無いですね・・・。この他だとGALAXY III progre SCL21(micro), Xperia VL SOL21(micro), URBANO L01(nano)あたりならヤフオクで探せば1万円を切れるかも。

LTE機種にとって10000円は大きな壁の一つです。メインで使うならもう少し予算をアップさせてスペックの高い機種を選ぶことをオススメしますが、MVNO・格安スマホなのでとにかく安く始めたいという方は上記で挙げた機種の中古を狙ってみましょう。掘り出し物を見つければ1万円以下での購入がしばらくは可能だと思います(在庫が少なくなってくると逆に割高感が出るものもあるので注意です)。




by ke-onblog | 2015-01-05 23:03 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。