白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

自宅ネットの新しい選択肢 Softbank Air コスパはいかほど?

前回、前々回とWiMAXやモバイルルーターネタを調べているのですが、更に関連してソフトバンクの新しいネット接続スタイル?と言えそうな「Softbank Air」についても勉強しておきましょう。

☆「SoftBank Air

Softbank Air(ソフトバンクエアー)は昨年12月12日から始まったばかりのネット接続方法です。「Air」って付くとかつての「AIR-EDGE」を思い出してしまいますが(今の若い人は知らないんだろうなw)、これはソフトバンクの4G LTE回線を自宅のインターネットとして使おうというモデルです。
d0262326_8113646.png


見た目は普通の家庭用無線LANモデムですが有線でLANケーブルに接続する必要はなく、ただ電源に接続するだけで利用できるというものです。場所を選ばないのでその気に慣れば家やオフィスなどで往復して持ち歩ことも出来るでしょう(→後ほど確認しましたが、登録住所以外では利用不可とのことです)。

最大速度で下り110Mbpsなので、ほとんどの地域でヤフーのADSLよりは高速で使えるでしょう。昔我が家もYahoo BBの50MプランでADSLを契約していたことがありましたが、2-3Mbpsくらいしか出てなくてふざけんな、と思ったものです・・・。ソフトバンクのLTEなら普通に30-40Mbps位出るので、値段が変わらないならSoftbank Airのほうが有利そうです。

据置型なのでスマホや携帯には搭載できない大きなアンテナがあるため、感度は良さそうですね。

Softbank Airの月額料金は基本プランとなる「スタンダード」で4,986円(モデム=Airターミナルをレンタル支払いの場合)。2年契約をすると800円引きになって4,186円です(追記:2月より指定オプションが少し減り、最安は3996円~となりました)。

SoftBank Air 加入特典と固定回線と携帯・スマホ回線のセット割引「スマート値引き」の適用もあります。

自宅回線の料金としては4200円ならまぁそこそこでしょうか。キャンペーンを使えばもっと安い光回線だって契約できると思いますが。

Softbankの4Gを使うならモバイルルータープランで使っても同じような感じもしますが、Softbank Airのメリットは初めからデータ通信による上限が付かないという点でしょうね。サイトを見る限りではモバイル通信によくある3日1GBの制限も無いようです(というか自宅のネット回線で1GB帯域制限なんてやられたら使い物にならないですけども)。

ワイモバイルの305ZTが約4000円で7GB(キャンペーン中は追加データオプション無料で無制限)ですので、外に持ち出さないことを前提にするならば、もしかしたら便利に感じるユーザー層もいるのでしょうか。


まぁ、どう考えても「305ZT 無制限ネットの最安値はどこか 総額コストで比較」で計算した最安値のキャンペーンにはコスパでは敵わないと思いますけど。

あとは305ZTとSoftbank Airの実測度が使いたい地域によってどれだけ違うかが問題になるくらいでしょう。305ZTは現状でキャンペーンが非常に優遇されているため申し込みが殺到しており、実際に使ってみるころにはワイモバ回線が混雑している可能性もありますかね。

その点Softbank Airはソフトバンクのネットワーク網をそのまま使っているのであれば、インフラ整備はそれなりに進んでいるはずなので、安定した速度が出ると期待・・・したいですねぇ。これで速度も遅かったら残念すぎますので。

Softbank Airもモデムを一括0円で提供するくらいやらなければワイモバの一括0円305ZTには勝てないんじゃないかな?と個人的には思います。GMOの新規一括0円案件はコスパ高すぎです(無制限キャンペーンが使える今だけですが)。

☆「【GMOとくとくBB】Pocket Wifi mobile 4G+ 2年間月額 2,490円

【追記】もっと詳しい考察を読みたい方は後日調べた「固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限」もどうぞ。


by ke-onblog | 2015-01-08 08:31 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2015-01-08 13:33 x
305ZTの対応周波数ですが
[4G] 900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz(AXGP)
となります。900MHzはまだエリアが狭いので置いておくとして、結局はソフトバンクとなんら変わりません。
ソフトバンクAirターミナルは、ちょっと調べても対応周波数が出てこないのですが、上記より多いことはあり得ません。
なので、通信環境の混雑についても、305ZTとソフトバンクAirで同等かな、と思います。
しかし305ZTはB41でのバンド内キャリアアグリゲーションで最速165Mbpsになりますから、やはり優位は揺るがないですね。
Commented by ke-onblog at 2015-01-08 19:25
>にぱいあーるさん

なんと!どちらも混雑状況も変わらない可能性があるのですね!2者を見比べていて据え置きモデム型にするメリットを希望的観測で考えてみましたが、いよいよ305ZTが有利っぽいですね。

あとは3日1GBの制限くらいですかね?まだAirの実力をよく把握できていませんが、せめて価格面で同等以上でないと305ZTには対抗できないように思えますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン