白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SIMロック解除義務化開始後はモバイルルーターの値段が上がる?

MVNO用のモバイルルーターを色々と探していて思ったのですが、そういえば5月以降はモバイルルーターもSIMロックフリーになるのでしょうか???

以前公開されたガイドラインでは、タブレットやルーターも技術的にロック解除が可能ならば応じるように、というようになっていたはずです(過去記事参照:「ついにスマホSIMロック解除のガイドライン公開 白ロム転売の未来を考える」)。

今まで私はSIMロック解除義務化後はスマホの販売状況がどうなるのかな~とばかり考えてきましたが、ルーターも例外ではありませんよね。

ルーター本体として他キャリアの周波数帯に対応していないものはロックを解除してもあまり旨味はありませんが、他キャリアでも普通に使えるモデルでロック解除が自由になれば、それってかなり嬉しいかも、と思うわけです。


というのも、ドコモ版のルーターはMVNO向けに需要がありますが、旧イーモバイルやソフトバンク向けのモバイルルーターって白ロムとしての価値が非常に低いのです。それはもう、ゴミのような値段に。

なぜなら普通に回線新規契約すれば一括0円で貰える端末ですし、わざわざ白ロムで買う価値が無いからですね。故障した場合に修理するより安いものが多少買われる程度でしょう。

例えば今ワイモバイルでばら撒かれている最新のルーター305ZTは定価は4.2万円ですが、ヤフオクで探すと白ロムは未使用で6000円~7000円がいいところです。8割引きを超えています。使用歴がある中古品だと5000円以下もざらにあります。

305ZTは4G LTE・キャリアアグリゲーションに対応し、LTE接続で9時間、2.4インチカラー液晶付きの高性能モデルです。もしコレがドコモ用だったら白ロムで相場は2万円くらいはいくと思います。
305ZT 対応周波数
[4G] 900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz、[3G] 1.7GHz

305ZTの場合は他キャリアで使えそうなのはBand1だけですが、SIMロック解除義務化後に共通で使えるモデルを出してくれれば俄然価値が上がりそうです。

そうなれば今のような新規一括0円にキャッシュバック付きのキャンペーンなども出しにくくなるのでしょうか。安くLTEルーターを手に入れ、MVNOの安いプランで使えるようになればMNOからは流出しちゃいそうですね~。

今のように一括0円でばらまき続けるならばSIMロック解除が出来るようになったとしても周波数に限定があったり、安く購入するためにはコレまで以上に長期間の加入やプラン維持が義務付けられる可能性は高そうですけども。。。(むしろそうなると予想はしています)

これまでは解約後は売却の価値もなかったモバイルルーターの価値が上がるのは面白そうですが、どうなるのかは今後のキャリアの販売形態・機種の対応周波数の幅しだいですね。


by ke-onblog | 2015-01-20 18:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。