白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[朗報?]ドコモ光へ簡単に契約変更できる?光コラボレーションモデル案内開始

もうあと1週間で2015年1月も終わるわけですが、来月2月1日からはドコモがいよいよインターネット回線とのセット割引を始めますね。

料金が安くなるのは大歓迎ですが、すでにフレッツの光回線を契約中の人たちはどうなるんだ~という不安を感じている人もたくさんいるのではないでしょうか。面倒な手続きが必要だと厄介ですよねぇ・・・

[1/29 追記2:正式発表がありました。公式HPで料金プランや割引の条件が出ています。参照→ドコモ光。受付は2月16日スタートです ]

[1/28 追記1:プロバイダーのニフティが「@nifty光」としてNTTの光コラボレーションを2月中旬から受け付けると発表しています。]
関連サービス:@nifty auひかり(auのスマホとセット割「auスマートバリュー」に使えます)、@nifty WiMAX2+接続サービス(月間上限7GBの制限なく使えるモバイルルーター回線です)、ニフティ MVNOサービス(格安スマホSIM)(月額900円~の格安回線です。SIMフリースマホの販売もあります)

d0262326_1363099.jpg

「ドコモ光」や「光コラボレーションモデル」というサービスとして東西NTTがネット回線を卸売するようになるのですが、既存フレッツユーザーの乗り換え・契約変更が必要になることは以前から言われていました。

報道資料は1月22日の日付なので昨日のことになりますが、この光コラボレーションに関する案内がNTTから公式に出ています。

☆「NTT東日本 「光コラボレーションモデル」の提供開始について

上記は東の公式ページですが、NTT西でも同じでしょう。

具体的な乗換方法の案内はまだ出ていませんが(1月27日更新確認)、「転用手続き」をすることによってすでに契約中の場合でも乗り換えが出来るようになるそうです。

この光コラボレーションモデルがどのような位置づけになるのは私はよく分かっていないのですが、回線はそのままでも契約相手が従来までとは違うはずです。それこそスマホで言えばドコモから日本通信のMVNOへ、のような契約変更手続き(スマホならMNPのような乗り換えに相当)が必要になるはず。いえ、NTTからNTTドコモに変わるのでau(KDDI)から昨年設立されたUQ mobile(KDDIバリューイネイブラー)へのMNP、と言ったほうが近いでしょうか。

契約変更となればプロバイダーも変わるのかな?と思いますが、その辺の変更はどうなるのかまだ不明です。インターネット回線も2年契約とかありますが、転用手続きの場合はそのあたりはどうするのか、とか。

ドコモだけではなくソフトバンクも今ある「ソフトバンク ホワイトBB」のような割引回線をNTTの光卸セットで販売することを予定しているそうですね(現行はADSLのみでした。維持費を抑えるだけなら光より安いかもですが)。

携帯ショップでネット回線を扱っているところもありますが、ドコモ光に関しても同じように代理店契約をしたところから契約あっせんがあるはずです。フレッツ契約でキャッシュバック○万円!なんてネットではよく見かけますが、こういうのも2月以降わんさと出てくるはず。

新規契約でドコモ光の回線にしようと思っている方は正式な代理店がどの程度の相場でプランを出してくるかをもう少し様子見した方が良いでしょう。すでにNTT系の回線を使っている方はどうやれば乗り換えられるのか、その際の手数料・手続き方法、違約金の有無、モデムなどの取替が必要かどうかなどを注意して調べるようにすると良さそうです。

詳しくは「別途速やかに当社ホームページ等でご案内」とNTT東のHPに書かれているので、近日中に情報が公開されると思います。

ドコモのセット割りが始まれば月々のスマホ維持費を抑えられる可能性大です。ドコモ回線を運用中(特に大きなデータプランをキープしている場合)の方は要チェックです。


一方で、auを運営するKDDIとしてはドコモのNTT光セットは「脱法的だ」として猛反発していましたが、結局認可は下りたわけです。auのひかり回線系はドコモ光に対抗するようにネット回線の割引やキャッシュバックを強めていますね。

例えば「最大1Gの高速インターネット回線 auひかり」では1月31日までのキャンペーンでauのスマホが月額1410円も割引になる「スマートバリュー」の対象回線で、新規契約で初期工事費用が無料+ネット月額費用2ヶ月無料+最大75000円キャッシュバック(最大にするには戸建てタイプ[マンションタイプは減額]であったり条件があります)という巨額の特典を用意してきています。1/31まで、というのがあからさまにドコモ光に対抗している感じですね。

一部関係者の話として代理店としては割にあわない卸売のコストが掛かり、各店としての特典やキャッシュバックが付けにくいという情報もあります。ドコモとのセットがどうしても必要ならドコモ光が便利ですが、MNPでキャリアを移動してもいいならauひかりやソフトバンクのBBセットを狙い、スマホとネット回線を両方乗り換えてしまうのが最もお得にネット+スマホ料金を減らす方法になっていくでしょう。


by ke-onblog | 2015-01-23 19:10 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by tk at 2015-01-23 20:24 x
販売奨励金は1万円で継続手数料が年3600円らしいですね。これだとあまりCBは無さそうですね。
Commented by ke-onblog at 2015-01-23 22:48
>tkさん、こんばんわ

今の光回線契約奨励金がどのくらいなのか存じ上げませんが、その感じだとかなりドコモ光は優遇が少なそうですね~

だとすればスマホ代金が月2千円安くなったとしても、2年使ってすら光回線キャッシュバック5万円キャンペーンに及ばない、なんてことがありそうですね。。。使い方に合わせてよく考えないと本当にお得かどうかわかりませんね(´Д`)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン