白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

DMM mobileの格安SIMを買ってみた

つい先日までMVNOはU-mobileのダブルフィックスプランにしようと心を決めていたのですが、DMMモバイルに急遽変更しました。

買ってみた、というか今さっき注文したところですけども(スピードテストや設定解説を期待してページを開いた方にはごめんなさい。そちらは後日やりますのでしばしお待ちを)。
d0262326_1848245.png


私は現時点でもそれほどMVNO回線が必要ではないため、とにかく維持費を安く、旅行や出張時など非日常で単発で使いたいな~と思っていましたので、固定費用が安いダブルフィックスプラン(1GBまで680円、超えると3GB1680円)を考えていました。

ですが、最近登場したDMMモバイルでは1GBプランなら660円(税抜き)です。ダブルフィックスプランとは20円しか変わらず、DMMの場合はプラン変更が出来ない仕様です。1GBで足りない場合にそのまま使えるダブルフィックスも良いのですが、DMMの場合は容量の繰越が出来るという点が今回の決定打になりました。

☆「DMM mobile

たぶんMVNOを契約してもマルっと一ヶ月まったく使わない時期がたくさんありそうなので(笑)ならば業界最安値で維持できるDMMの方が私の使い方には適していると判断しました。そもそもキャリア回線のデータプランも余らせていますし。

1GB 660円というのは単価としては別に安くないです。容量を多く使いたいならDMMの7GBプランが1GBあたり326円なので現状で最安値のはずです(参照:ヘビーユーザー向けのMVNO選び ガッツリ使うならどこがいいのか)。

もし1GBで足りないようなら、この回線は家族にでも譲ることにします。


DMMを選ぶにあたっていろいろ調べたのですが、あえて感じたDMMのデメリットを列挙してみると、

・プラン変更の融通が利かない(変更の場合は解約、再契約しかない)
・セット販売されるSIMフリー機種に面白みはない(高くもないが、別段安くもない)
・音声SIMの場合最低利用期間が1年と長い(違約金9000円)
・DMMサービス全体用の会員登録が必要

DMMだけに会員登録をするとDM(ダイレクトメール)がいっぱい来ますから(笑) メルマガ設定等をちゃんと解除しておかないと、いろんな関連サービスのメールが溜まっていきます。

この短所の中で特に注意なのはプランの変更が出来ないことです。目測を誤ると毎月のように容量不足に悩んだり、余りまくって勿体無いことになります。

DMMでは低速になっても200kbpsでの通信は可能ですが、この状態で通信をしすぎると制限が掛かる可能性もあります(SIMが届いたらわざと通信量を増やして実験してみましょうかw)。

といってもDMMモバイルのサービスは全体的には良い所が多そうです(そうでなければこんなに検討してまで選びませんし)。実際の使い勝手はもうほかの人のレポートもいっぱい出てきてますし、ご要望とあらば私もSIMが届いたら実験してみたいと思います。


さしあたって、SIMを挿すルーターを明日探しに行こうと思います(∩´∀`)∩




by ke-onblog | 2015-01-24 19:11 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン