白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモ光正式発表 お得に使えるプラン考察

昨晩の時点でニュース報道で割引額を聞いてあらかた予想していましたが、、、。

ドコモはNTTから光回線の卸販売を開始し、「ドコモ光」としてインターネットサービスを3月1日から提供するとしています。

☆「https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

ドコモ光パックに加入することで最大3200円、スマホや携帯の新規・MNP契約で受けられる「光スマホ割」で最大1350円(1年間)割引が受けられるなどのサービス内容が書かれていますね。

1人用だとデータパックL(6700円)+ドコモ光(5200円)に加入して1000円の割引、ファミリー用だとシェアパック30(22500円)+ドコモ光に加入して3200円の割引が適用されます。

これは通話プラン、spモードなどは入っていません。カケホーダイとspモードでさらに1回線あたり3000円が掛かりますね~。データパックL+ネットで月額14900円→13900円に。これが最大割引です。その他割引を併用出来るものもあるので、実際にはもう少し割引率をアップさせることも可能ですけども。

・・・・・・

・・・・

・・・

え~と、もうこの話はやめにしましょうか。。。なんかもう、ここに書くと良くない言葉を使ってしまいそうで。どうかお察し下さいませ。


これだけではせっかくこのページを開いた皆様に申し訳ないので、ここはあえてauひかりの話でもしましょう。そうしましょう。

auでは「auスマートバリュー」としてインターネット回線とスマートフォンのセット割引があります。割引額は最大月額1410円です。割引額は契約した電話回線の種類によって以下の2パターンに分かれます。
d0262326_5454961.png

うん、つい最近見た割引表に比べて判りやすいですね!

auの場合は新プランだけでなく、旧プランのフラット系でも同じ1410円の割引です。

auのスマバリを利かせる事が出来るネット回線はたくさん種類があるのですが、基本的には「auひかり」というサービス名で提供されています。あとはローカルのCATV系ですね。マンション系なら最近は多くの物件にauひかりは引いてあると思いますし、維持費を少しでも抑えたいならケーブル系も良いでしょう。

auひかりの価格の一例としてこの前から私は良くサイトを見ているGMO系で考えてみます。

☆「GMOとくとくBB auひかりキャンペーン

1月31日までのキャンペーンを含んでいるのでちょっと期限が短いですが、集合住宅用のプランで一番安い「タイプE16」というコースなら24ヶ月間の月額料金は通常3,400円(税抜)→2,150円です。

このプランはキャッシュバックはありませんが、月額費用が安いタイプですね。CBが大きいものは月額費用があまり安くなかったりするので、結局トータルでは同じくらいだったりしますので、こういうもお手軽で良いでしょう。

スマバリを利かせるためにはひかり電話回線の契約も必須(ネット回線だけでは適用外)なので、+500円で「auひかり電話サービス」に加入しておきましょう。通話料も普通のNTT電話回線に比べて安いです(通常回線から電話番号を引き継ぐことが出来る場合もあります)。

この最安値プランでもちゃんとスマートバリューの1410円割引適用に入ります。最近のマンション物件は「マンションギガ(月額2,800円)」のほうが多いですかね。適用プランは物件によって決まっているはずなので、おそらく個人で選べるものではありません。申込時にマンション毎にどれが適用できるか調べられますので確認してみてください。

こんな感じで「対象の光回線」+「auひかり電話」+「スマホ・携帯の指定プラン」に加入していればスマバリ適用可能です。スマートバリュー自体の申し込みも必要なので、スマホやネット回線を別々に切り替えた場合はauショップやネットで申請が出来ます(自分でやらないと自動適用ではないので気をつけてくださいね)。

☆「auスマートバリューの申し込み方法


ついでにソフトバンクのセット割の方も考察してみましょう。SBではADSLのホワイトBBが自宅回線用としては有名ですかね。

ソフトバンクでスマホBB割を適用させるために、これから申し込むならソネットの「NURO 光」といったギガ回線も対象です(NURO光は関東限定です)。

オプション無しで3万円のキャッシュバック(開通後4ヶ月目に貰えます)、毎月の維持費は4,742円(税抜)です。2Gbpsの超高速回線なので普通のフレッツ系光回線より高いですが、その速度は超絶です。普通に500Mbpsとか700Mbpsとか実測で出ちゃいます。

D社の光パックがプロバイダーセットで5200円or5400円でしたが、3万円のCBを考慮したNURO光の維持費は2年分なら実質3492円です(工事費用は別途掛かります。工事費がかなり高いのですが、それを考慮しても速度に比べて割安でしょう)。


さて、記事のタイトルとは全然違った内容になってしまいましたが、ドコモ光と上記で考察したau,SBの既存ひかりセット割をよ~く見比べてみて下さい。冒頭で話題をスルーしたくなった私の気持ちを察して頂けるかと思います(じゃあ書くなよとも思いますけど)。

スマバリ、BB割は回線あたりの割引は最大1410円なので、1個人としてシェアパック15~を超えるパックを契約中の場合は割引が大きいとも考えられるのですが、なかなかそのレベルに達しているユーザーはいないのでは・・・。自身の契約内容に合わせて、それでもお得に感じるなら検討すれば良いと思います。


by ke-onblog | 2015-01-30 06:33 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by kazu at 2015-01-30 13:47 x
ちょっとでも期待した私がバカでした。

最初に日経で3,200円最大割り引きという文字を見てかTwitterあたりで意外とよさそうとか言ってる人もいましたが、おまえは何を言っているんだ状態でしたね。

最近になってやっと機種変更にも割引額を増やしたとかありましたけど、微々たるものだし…なんというか、本気なんですかね?
結局8,000円ぐらいは毎月絞りとってやろうって魂胆見え見えなんですよね。
Commented by ke-onblog at 2015-01-30 15:09
>kazuさん、こんにちわ~

いろんな割引があるみたいではあるのですが、どう考えても殆どの人は値上がりする(あるいはそれを促す)設定ですね~。
最近は後出しで割引やキャンペーンを追加するのも流行り?なので、今後ユーザーからの反応に対応するのかどうか、くらいしか見どころがないかなと思ってます(´Д`)

MNPの旨味が将来無くなったらau+auひかりの天下ですかね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン