白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

OCNモバイルONEと光コラボ 割引額は小さいが根本的に維持費を減らせる

インターネットプロバイダーとして有名なOCN,そして今やMVNO業界でトップに君臨しているサービス(契約者数的に)となったOCN モバイルONEですが、先日の「ドコモ光」「Softbank光」「@niftyひかり」に続いてNTT東西日本との光回線割引を発表しましたね~。

新規契約、既存フレッツ回線からの転用受付は今日2月5日から始まっています。

光回線自体の料金は卸元が同じなのであまり差は出ませんが、割引条件としてOCNはちょっとユニークにしてきました。
d0262326_6253353.png

☆「OCN モバイル ONE

モバイル回線については詳しくは上記公式ホームページをチェックしていただきたいのですが、OCNの場合はドコモやソフトバンク~といったキャリア回線とのセットではなく、格安SIMの「OCNモバイルONE」の回線1契約につき月額200円を割り引く「OCN光」セット割引というものです。

先日発表されたドコモ光ならセット割引を適用させるためにはカケホーダイの通話プラン、最低限のパケットプランに加入したところでスマホ回線側だけで月額6000円以上が掛かります。これに対してOCNでは最も安い70MB/day 月額900円のデータ回線でも割引対象になります。

キャリアでは「IP電話サービス」などオプション加入を強制される場合がありましたが、OCNセットではそれも無いようですね。既存の「フレッツ 光ネクスト」ユーザーも「OCN光」に切り替えることが可能です(古いOCNの回線のままでは適用されませんので気をつけて下さい。初期のキャンペーン期間以外は転用手続きにも事務手数料が掛かるようなので、短期間だけセット割を適用する場合は逆に高くつく可能性があるので要注意)。

割引額としては200円と小さいですけど、割り引きをちらつかせて高いプランへ誘導するキャリアとは大きく路線を変えてきました。これでこそ、格安サービスを提供するMVNOのレーゾン・デートルって感じで良いと思います。

割引額よりも根本的な維持費を減らしたいというユーザー向けとして人気が出そうですね。




by ke-onblog | 2015-02-05 06:36 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。