白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

UQモバイルの格安SIMにnanoサイズ登場!コレでXperiaZ3も使える

この変更は待っていた方もいるのではないでしょうか。

第二のau系MVNOであるUQ mobileが昨年12月に登場しましたが、これまでSIMカードのサイズがmicroだけだったところ、2月6日(金曜)からnanoSIMサイズの販売も行うとのことです。

これでSIMをカットしたりしなければ使えないと思われたauの一部白ロムがUQmobileでも運用可能になります。もう動作確認一覧も更新されていますので、どれが使えるかは公式で確認して下さい。

☆「UQ mobile 動作確認端末一覧

新対応端末の代表格はやっぱりXperiaZ3 SOL26ですね!ドコモ版に比べて激安で白ロムが売られており、SOL26+MVNOのセットは運用費用にお得感があります。

ヤフオクで狙えばSOL26は未使用品で45000円を切れると思います。UQmobile対応によってもしかしたら今後少し値上がる可能性がありますかね?2-3月のMNP最盛期で安売り優勢となればさらに値下がる可能性もありますが。

MVNOサービスのバリエーションならドコモ系のほうが選択肢は多いですが、ドコモのSO-01Gを白ロムで入手すると制限○のものは7万円近くまで予算を覚悟する必要があります。

他にはURBANOシリーズが行けるようになりますね。URBANO L01,L02,L03はすべてnanoSIMサイズですが端末が安めです。

性能の割に他にも割安なisai FL LGL24, AQUOS SERIE SHL25あたりも良いですね。

一方でnanoSIMといえばiPhoneという印象もありますが、残念ながらau系MVNOではiOS8以降のバージョンで通信・通話ともに不能になっています。Apple側に対応を求めているということでしたが、未だに実現されず。nanoSIMは使えますがiPhoneは使えないと思った方が良いです(OSを旧バージョンのまま止めてあれば一部機能、iOS8でも通話は出来ます)。これは通信方式の問題なので、auのiPhoneでもSIMフリー版でも同じです。

auのnanoSIM機が余っているという方は今後mineoだけでなくUQモバイルという選択肢も増えました。mineoにはない低速無制限プランもあるので、使い方に合わせて選べるのはGOODです。




by ke-onblog | 2015-02-05 15:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。