白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

DMM格安SIM 5000円の激安LTEルーターでも10Mbps出ます

LTE回線を契約してLTE端末で使っているのですから当たり前なんですけど、今日初めてMVNOの速度がいい感じに出たので日記に書き留めておきます。

私が利用しているのはDMMの1GBプランSIMと、4980円で買った激安の中古LTEルーターです。

☆「DMM mobile データSIMプラン 1GB
☆「イオシス モバイルWiFiルーター WM340

1月末に届いた翌日に速度テストをして以来放置してたのですが、久しぶりもう一度速度テストをしてみようと今日は持ち歩いていました。

なぜ再びテストを行ったかというと前回テストを実施した際にはダウンロード速度が最高でも2~3Mbpsとなり、LTEに繋がっている割には遅かったのです。もしかして古いルーターでBand1しか拾わないから遅いのか?という疑惑があったので、リトライしてみることにしました。

繋がりはしますが速度がこう遅いのではせっかくのLTE契約が・・・とですね。ちょっとがっかりしていました。

しかし、今日の速度テストでは午前11時半の時点でダウンロード12.3Mbps,アップロードで5.87Mbps(ping 94ms)となかなかの好成績でした。10Mbps超えていれば動画サイトも余裕です。

4月26日追記:現在では夜中や早朝は30~40Mbps位出るようになりました。混雑時は相変わらずですが、それ以外の時間帯が格段に快適になりました。設備投資でこんなに時期で速度が変わるとは・・・。MVNO選びは難しいですねぇ。

続けてお昼時の12時半の測定ではダウンロード0.67Mbps, アップロード3.33Mbps(ping 149ms)と一気に減速。混雑時は以前と同じく厳しいです。

お昼のピークを過ぎた14時にはダウンロード7.62Mbps, アップロード3.06Mbps(ping 85ms)に復活していました。

そして先ほど22時半ではダウンロード5.26Mbps, アップロード2.61Mbps(ping 160ms)と我慢できる程度の速度。

DMM mobileはアップロード速度は非常に安定しています。ダウンロード速度はピーク時を外せば2月12日時点でもほどほどに快適という感じですね~。

ルーターのWM340の方も接続は安定しています。中古なのでバッテリーの持ちはイマイチで、フル充電から使っているわけではないのでちょっと適当ですが、4時間ほどの間にトータルで300MB分くらいの通信をさせたら電源が落ちてしまいました。利用前に電源を3回位オンオフさせて通信速度テストをしていますので、実利用で5時間が目一杯というところでしょうか。

公式値はLTEで約6.5時間なので、ちょっとバッテリーがヘタっているようですね。5千円ならこんなもんでしょう。1日利用したいならモバイルバッテリーの携帯は必須だと思って下さい。

端末の仕様で3Mbpsしか出ないのではつまらないな、と思っていましたが10Mbpsを超えられたのでひとまず満足です。これで月額660円、初期費用3000円(手数料)+4980円(端末代)ならコスパは十分ではないでしょうか。

とことん安くLTE通信を使いたい人にはオススメできる組み合わせですよ~


by ke-onblog | 2015-02-12 23:05 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン